BLOG 日々日記

生活を日々綴っています。

 

2021年

9月

16日

家出少年と父の蒸発

誕生日に起こった事っていうのが、子供の家出・・・

 

朝家を出て、勉強が嫌になって無断欠席して、ばあちゃんちに泊まって帰ってきた。

しかし家出って、逃げ出す訳ですからヘタれた行為なんですが、普通の子にしてみたら相当勇気がいると思います。僕もやったことありませんし。だからヘタレなのか勇気があるのか全く分からんのですよ。

 

そして僕の父も蒸発した事があるらしい。

父は諏訪の商業高校を卒業し上京したものの、夢破れペンキ屋になり、全てが嫌になり家出して柳ヶ瀬でバーテンをやっていた時期があるのだそうです。「柳ヶ瀬ブルースが流行ったのは、俺が柳ヶ瀬にいた後」だとか。

そこのバーで同僚がヤクザの女に手を出し、ヤバくなったから一緒に逃げてくれと言うんで一緒に逃げて、自分はそのまま母親が待つ中野の家に帰ったんだそうです。

「でも、バアさん怒らなかったよ」(てへぺろ)と言われたので吹き出しましたけど。

 

まったく父もうちの子もどうしょもねえ!!

 

 

0 コメント

2021年

9月

09日

ひどい誕生日だった

46になっちゃったんですが、今日はひどい誕生日でした。

ドタバタしているうちに夜になってしまった。

 

 

0 コメント

2021年

9月

07日

フライシートに蝋を塗る

続きを読む 0 コメント

2021年

9月

05日

スナフキンの羽根

ハットの羽根ってちょっといい。

厨二的紳士道アイテムです。

僕が持っているハットにもいくつか付いています。

 

そんで、昨日はカンボが「ソファーから抜けた」と持ってきたでかい羽根を、夏用のハットに刺してみました。

結構いいよ、スナフキンみたいで。

 

そうだ。

俺、

中二の時スナフキンになりたかったんだった。

たはっ!

 

 

2021年

9月

04日

加水分解したテントを蝋引き

キャンプ熱、いや、焚き火熱が冷めやらぬので、自転車でソロキャンへ行こうか!と一人用テントを引っ張り出しました。

このテント、僕が高校生の時、もう30年も前にバイク雑誌の懸賞で当たったやつです。ダンロップR-110のプロトタイプだったと思います。だからダンロップのロゴ無し。結構レアだと思います。

これが結構タフなテントで、30年たっても加水分解していない。

でも、数年前に剥がれてきたフライシートのシームシールをアイロンで再接着したのがいけなかったのか、広げてみたらテープが剥がれてベタベタです。幕のコーティングは劣化していないのになあ・・・

どうしようか考えていたのですが、ベタベタだから新規でシームテープは無理そうだし、表からシームコートが賢明か・・・

しかしそれじゃあ芸がないので、ベタベタは無水エタノールなどで適当に除去して、フライシートの縫い目周辺を表から蝋引きしようかと思っています。

以前タープを蝋引きして成功したので、今回もイケると思います。

でも、ナイロン生地に蝋引きしている人は探しても誰もいないので、これ、流行ったら俺が最初なので!

 

ちなみにファミリーキャンプで使っている父のICIスタードームは40年もので、これも加水分解していません。ほとんど奇跡のテント。

 

 

 

0 コメント

2021年

9月

01日

新学期

すっかりご無沙汰してしまいました。

別にコロナにかかったとかではなくて、ただのサボりです。

さて、子供達は今日から新学期で、とりあえず登校していきました。

ただY太の高校は明日から二週間交互登校だって。

どうなる事やら・・・

 

そして最近は、カンボが川で取ってきたヌマエビを入れてボトルアクアリウムでもしようかと思っています。久しぶりに大きな熱帯魚屋さんなどに行ってみたりして、ちょっと楽しいです。

しかしああいう所に行くと他の魚も欲しくなってくるのが困った現象。でも最近はぐっと我慢できるかな。熱帯魚は水温管理が必要だし、魚に手を出すと数が増えるので放っておけるぐらいが気楽でいいです。だからエビで十分。(と言い切りたい・・・)

 

0 コメント

2021年

8月

18日

杖を持て

頚椎圧迫骨折がだいぶ良くなってきた母ですが、まだたまに杖を使うようです。

先日、出先で急に必要になった時の事を思って、折りたたみ式の杖を買ってあげました。

そうしたら使いもしないのに僕も杖が欲しくなってきまして、立ち寄ったお店で良い一本杖があったので買ってみました。

握りがマーブル模様のアクリルで、カーボンファイバーロッドのシックな一本です。

嫁に言わせると、「Gacktが持っていそう・・・」といった感じのお品でございます。

 

お外に連れ出すとコスプレマニアの変人扱いされるので、家の中で持ち歩いて、悪さしたカンボを突っついたり、壁のスイッチを押して電気を消したり、怒った時に床を叩きつけたり、女の腰に引っ掛けてグイッと引き寄せたりするぐらいですが、杖って用もないのに持っていると凄く嬉しい事を発見しました。

小さい男の子はお外で必ず棒を拾ってきますよね?あのDNAが騒ぐらしい。

杖は元々武器であり、権威の象徴でもあったのですよ。

いいぞ杖!!

 

0 コメント

2021年

8月

17日

疲れた

最近夏休みで心が疲れました。

 

コロナだし秋雨だし、家にいると子供達と面と向かわないといけないので、非常に疲れます。

 

 

特に上の子は部活もないのでボケーっとしてタブレットいじっているだけ。

何度言ってもやるべき事をやらないので、数日に一度は怒ってしまい、それがとても疲れます。怒ってスッキリ。なんてならない。

怒ると半日分ぐらいのエナルギーを使ってしまってヘトヘトですよ。

すっかり嫌な親になっています。

(僕の父は家事を一切やらない、だらしない人だったので、父に怒られた事はほとんどないな)

 

0 コメント

2021年

8月

02日

花火見てから風呂入るよ

不景気ゆえか、毎年その日数が減りつつあった西武園の花火ですが、今年はリニューアルオープンしたので、7月中旬から毎夜花火が上がります。

でも、たった5分程。

例年では土日に30分打ち上がりましたが、5分じゃなあ・・・と思っていた所、これが毎日上がるもんですがら、5分っていうのが鑑賞するのに丁度良いんです。

我が家のベランダからバッチリ見えますし、昨日など「花火見てから風呂入るよ」と嫁に言った所、「今のセリフすごい贅沢だった」と言われました。

 

遊園地からは距離が少しあるので、音は数秒後に聞こえます。

初弾が音もなく空に広がる時が一番きれいだと思います。

 

 

0 コメント

2021年

7月

20日

カンボにもらった時計

暑くて重いので、腕時計が面倒です。

でも腕時計はしていたい。

そこで、カンボがダイソーで買った100円のデジタル時計を借りています。

「貸して」と言ったら「あげる」と言われた。

ちょっと電池が怪しくて表示が薄いけど、安くて軽くて正確で、本来腕時計とはこういう物を目指して作られてきたんだろうなあ。

分解してみたらちゃんとパッキンも入っていて、防水仕様だと分かりました。スゴイ!

 

 

 

0 コメント

2021年

7月

16日

カーテンをダーニング修理

返事待ち案件が数件溜まっていまして、しばらく暇です。

今月後半は忙しくなりそうですが、なんとなく気になって放置していた家事案件を消化しようと起動いたしました。

 

なぜか所々穴が空いた寝室のカーテン。

買い替えを考えていましたが、麻のカーテンで結構高かったので、とりあえずお裁縫で穴埋めしてみましょうかね。

よく見ると、ドレープの山部分の横糸だけ切れて穴が空いています。擦れて横糸が切れたのか?

これを適当なダーニングで・・・

カーテンなので光に透けて修理箇所はバレバレなのですが、穴あきよりはマシか。

10箇所以上修理して、なぜか今日は仕事した感モリモリで満足。

また穴が空いたら裁縫熱が高まった時にやろう。

 

 

0 コメント

2021年

7月

15日

ブッシュクラフト

最近、なんとなくキャンプ動画を見てしまいます。

中でもブッシュクラフトというジャンルの、まあ、ちょっとしたサバイバル要素があるキャンプとでもいいましょうか。

そのデンマークの有名な人の動画。

映像も綺麗だし、プリミティブで嫌味がない。それに植生とか道具が日本と違うので、結構新鮮です。

でも、見るのは1日一本まで。

2本目行くと、飽きて早送りしちゃうから。

 

だってさ、基本どの動画も一緒なんですよ。

設営して焚き火して飯食って寝る。

生活って単調だから。

嫁に言わせると、「キャンプなんて引越しみたいで面倒くさくて、やる事って言ったら結局家事じゃん?」ですと。

確かにそうなんだよな。

家じゃ家事なんかやりゃしねえ男どもが、キャンプ行ってギアがどうたらと抜かしてるんだからバカバカしい。

バカバカしんだけど、まあ、ほんとバカなんだよ。

 

 

0 コメント

2021年

7月

14日

廉価版「ふでdeまんねん」と「長刀ふでdeまんねん」の違い

「長刀ふでdeまんねん」14Kが修理から帰ってきました。

書いてみました。

 

*廉価版

線の強弱は、明らかに廉価版の方が付けやすい。

線が極太から極細までシャープに書ける。

筆跡の筆っぽさも廉価版が勝利。

ペン自体は安っぽい。

 

*長刀

全体的に筆跡が優しく丸い。

よく言えば万年筆らしい。

そこまで太い線が書けないし、立てて書いても中字ぐらい。(裏返すと極細)

ペンポイントが丸いので、書き心地は良い。

所有する満足度はやや高い。

 

という感じで、結果、廉価版の方が優秀だと思います。

ただ、ルーペ覗いて気が付いたのですが、長刀の方の線が太くならないのは、長刀のペンポイントのみが紙に当たる様になっている為です。ちゃんと14kが削れない様にできてる。

一方廉価版の方は折り曲げてある部分全体が紙に当たるから極太に書けるんです。こういう所は流石だな〜。と感心いたしました。

絵筆としては廉価版でいいかな?と思いますが、ありゃ万年筆かね?という部分もあるから、万年筆マニアとしてはやっぱ金ペンの長刀行っちゃうよな〜。

 

 

0 コメント

2021年

7月

13日

はだしのゲン再び

カンボが学校の図書室から「はだしのゲン1巻」を借りてきました。

いやあ、俺も読んだなあ。

学校の図書室に漫画といえばこれしかなかったし、それこそみんな争う様に借りていて、ボロボロになっていたっけ。

そして当時から古臭い劇画風タッチだと思っていましたが、今見ても独特な筋肉質な画風で、陸奥A子ファンでりぼんコミックス系の嫁は一切受け付けない様です。

柱に挟まれて「ギギギギ」とか皮が垂れ下がって「ウウウウ」とか、トラウマになっている人も多い事でしょう。

まさか40年近く経って再会するとはね。

ちなみにもう亡くなられましたが、作者の中沢啓治氏は所沢在住で、僕の実家の近くに住んでいました。

 

0 コメント

2021年

7月

12日

ヘーキチの水槽

クサガメのへーキチが低めの水槽から脱走する様になってしまったため、屋根裏にしまってあった重くて大きいガラス水槽を出してきました。

僕は毎日水換えをするので、本当は軽くて簡単に掃除できる盥みたいな物が理想です。盥に陸地のレンガ入れて水張るだけみたいな。

でも、盥だとへーキチはお外が見えないでしょ?

遠くからへーキチの事をこっそり覗くと、窓辺に置いてある水槽の中からお外を眺めたり、家族の誰それに気がついたり、カーテンが風に揺れるのを不思議そうに見ていたりするんです。

たぶん、お外見るの好きなんだな。

最近はカンボに懐いていて、外に出すとパタパタ後を追ってくるんです。

僕には一切懐きませんが、それでもいいの。

「俺が好きだから」

 

0 コメント

2021年

7月

12日

オンライン授業

Y太の高校は今日はお試しのオンライン授業です。

だけど朝遅く起きてくるし、昼飯は作らないといけないし、家で仕事をしている自分としては面倒な事この上ない。

学校がこんな事試しているぐらいだから、オリンピック後は夏休みの延長で休校になりそうだなあ・・・

0 コメント

2021年

7月

10日

大学2年時の課題作品-2

続きを読む 0 コメント

2021年

7月

09日

大学2年時の課題作品-1

続きを読む 0 コメント

2021年

7月

07日

解決するには

行動を起こさないといけません。

カンボのトラブル案件は、上級生を一発叱り飛ばして解決。

しかし最近の子は大人に叱られる事も少ないんでしょう。だからイジメが悪い事というのは知識では知っていても体得できていない。親も事なかれ主義だからなあ・・・

僕らの子供時代は「お前らやめろよ!」という熱血漢が仲間内に必ず一人はいたものですが。

カンボにはそういう男になって欲しいな。

 

 

0 コメント

2021年

7月

03日

ちょっと驚いた

カンボ(8)にちょっとした友達関係のトラブルがありまして、夜、風呂で聞いてみました。

いつもニコニコして「楽しかったよー」と言っているのに、「大事な話だよ」と、ちゃんと聞いたら「実は・・・」と本当の事を話してくれました。

毎日フワフワして嫌な事も真剣に感じていないのかと思っていたので、色々ちゃーんと感じて考えていて、心配かけまいと黙っていた事にとても驚きました。

そして見えない所で深く成長していた事にもちょっと感動しました。

子供の見た目の裏側は本当に見えにくいですね。良い事も悪い事も。

 

 

0 コメント

2021年

6月

30日

キスリング再び

続きを読む 0 コメント

2021年

6月

28日

手シーソー

昭和の終わり頃まで、僕らの小学校では「手シーソー」と呼ばれていた遊具がありました。

二人でぶら下がってやるシーソーみたいな・・・

これがなかなかのスリルで、休み時間になると我先に走って行ってキープするぐらい高学年には大人気でした。(5年生以上しか使用を許可されていなかった)

でもやっぱ危険なんですよ。怪我人続出で、転落、骨折、流血などは日常茶飯事。伝説では挟んで指無くした奴がいたとか。

 

色々な技もあって、ぐーっと下に降りてきたらレバーを下限まで力一杯叩きつけて、地面でくるっと一回転。上がってきたレバーをさっと掴み、そのまま上昇。これが「世界一周」

スカート姿の可憐な女子がやると様になってかっこよかった。

でも結局誰かが大怪我をしたとかで、「手シーソー」は知らぬ間に撤去されてしまいました。

 

地面から空中に舞い上がる時の遠心力と高度感は今思い出してもワクワクします。よくもまあ怪我しなかったもんだと思いますが、運がよかっただけでしょう。

大人しくて引っ込み思案だと思っていた少年時代の僕ですが、一通りの事はやっていた模様です。

 

0 コメント

2021年

6月

28日

少子化は止まらない

僕がジジイになった時、日本は80歳代が一番多い人口比率になるのだそうです。

そして支えられるべき老人が少なく、支えるべき若い人が多かったのが、1970〜90年に当たる高度成長期。この期間は丁度僕が生まれ育った期間に当たるので、お金が投資に回され、日本が一番経済的に恵まれた期間だったと言えます。そこから失われた30年・・・

この先はどうでしょうか。

少子化には様々な要因があるらしいのですが、どこの国も少子化傾向にあるといいます。対策をしたとしても誤差のレベルで、僕がジジイになったら日本の人口は8000万人ぐらいに減っているんだそうです。若い人が少なくて税金もほとんど老人に吸い取られるから、人口の観点から見ると、もう失われ続けるのは決定事項なんですよ。

年金とか医療とか、どうなってんだろ?

今までのやり方じゃ絶対に無理だよね。コロナも出ちゃったし。

こりゃあ将来捨てられるかもしれねえなあ・・・

ズーッとなんとなく諦めきれなかったんですが、もうここら辺で返り咲く夢を諦めようかな。と思っちゃうな。

 

 

0 コメント

2021年

6月

24日

二重になってる!

最近気がついたのですが、左の目が二重になってる。

ずーっと一重まぶただったのですが、歳のせいで目の周りの肉が痩せ、皮がたるんで二重になったらしい。

若い頃は二重まぶたがいいなあ。と思っていましたが、今は正直どっちでもいい。一重だってなかなかいい。女性の一重まぶたも品がありますよ。

うちの嫁も若い頃は目元がクールだったんだけどなあ。

 

0 コメント

2021年

6月

24日

木軸のペンにはアマニ油

木軸のペンを数本持っていますが、ぼくはいつもスーパーで買ってきたアマニ油を塗っています。

調べると人によって塗るものは色々なんですが、木工製品に塗る油というのは、昔から椿油、エゴマ油、そしてアマニ油あたりです。これらの油は空気に触れると固まる性質があり、塗って浸透させると内部で固まって木を強靭にさせると言われています。

実際アマニ油を使った後の皿を放置しておくと、薄く固まってペリペリになります。弾性のあるニスみたいな感じ。

ワックスというのは表面保護剤なのですぐ落ちちゃうし、塗るならスーパーに売っているアマニ油がおすすめです。ただ独特の匂いがあって、魚臭い・・・

僕はドライバーの柄とかピッケルのシャフトとかシヴァ神(たぶん老山白檀で塗ってから後悔)とかにも塗っています。

 

0 コメント

2021年

6月

23日

遺構

頸椎圧迫骨折がだいぶ回復してきた母に頼まれ、少し実家の家周りの片付けをしてきました。

生前、父はペンキ屋を営んでいましたので、狭い実家の車庫や物置、家周りなどに資材や道具などを置く工夫をしていた様で、妙なギミックが施されています。それらが使われなくなって崩壊寸前。今回の家の塗り替えでそれを解体処分するらしいのです。

 

うちの父のアイディアはいいんだけど、なんせメンテナンスをしない人なんで。

仕事で使うコンプレッサーのエンジンも何度オイル切れで焼きつかせたか分からないし、好きで飼っていた錦鯉も死ぬ寸前まで水換えもしない。だから何度も何度も買ってくるんだよな・・・

懲りないというか、ダメならまた買えばいいじゃねえか。みたいな所がありましたね。

高度成長期を生きてきた右肩上がりの昭和な男でした。

コスパコスパな令和とはえらい違いだ。

 

 

0 コメント

2021年

6月

22日

みんな楽しみ軍人キャンプ

夏休みの予定どうする?といった話を朝食時にしました。

すると、子供達は霧ヶ峰キャンプを楽しみにしている様子。去年はコロナで行かなかったからね。

そうかそうか。

今まで嫁には「ゆーやんの軍人キャンプ」と揶揄されていましたが、子供達が楽しみにしてくれているなんて、毎年実施してきて良かったです。

しかし。

今年の夏もどうなるか分かりません。

来月あたりにまた宣言が出て、オリンピックやっているんだから外出するな。とかいう支離滅裂な事を言われそうです。

だけど政治の腐敗と軍部の暴走は世の常らしいので軍人キャンプは強行。

 

 

0 コメント

2021年

6月

17日

コロコロコミック

嫁がカンボにコロコロ7月号を買ってきました。

学校から帰ってくるなりテーブルの上のそれを見つけて、「ありがとう!」と口にしたりして素直に嬉しいらしい。

マンガ好きだよね。カンボは。

 

ところでわたくしも実はコロコロOBでして、その当時は週刊少年ジャンプが隆盛を究めておりました。(なんせ当時のジャンプはギネスに載るぐらい売れてたから)その横でコロコロ読者というのは肩身がせまいと言いましょうかね。内容もガキっぽかったので、ちょっと大ぴらには購読していると言えない雰囲気がありました。

でも、今はどうでしょうか?

ジャンプなんか読んでいる小学生見た事ない。

一方コロコロ読んでいる小学生はたまに見かけるので、30年かけて挽回したのかもしれません。といっても子供も少ないし出版不況だし、売れ上げは当時とは比べ物にならないでしょうけど。

しかし当時でも「ファミコンロッキー」とかバカっぽかったなあ。

そして対抗馬コミックボンボンの「プラモ狂四郎」はちょっと気になるマンガであった。

 

0 コメント

2021年

6月

16日

米田太三郎

よく行くお店の斜向かいに、障害者の就業福祉施設の様なお店があります。

リサイクルショップなのですが、施設の性質上どこかバザーの様な雰囲気のお店で、その値付けも50円とか100円ばかりで一向商売っ気がない。

 

昨日通りかかるとおデコが見えたので「?」と思って奥の大型のフレームを引っ張り出して見てみると、地蔵菩薩像のモノクローム写真。半切サイズぐらいあって結構立派なものです。

元の札も残っていて、「木造地蔵菩薩像 久安3年 米田太三郎撮影」とある。

米田太三郎・・・聞いた事ある様な無いような・・・1000円だったので買って帰りました。

 

調べてみると、この仏像は平安期作でいまは根津美術館収蔵らしいです。

米田太三郎は1912年生まれで国立博物館の写真室長だったらしい。仏像を多く撮影したらしいので、その関係の本で目にした事があったのか?

解像度高く、きっと相当昔の大判フィルムを焼き直したものでしょう。まさか乾版?

価値はあるのか無いのか分かりません。

 

0 コメント

2021年

6月

15日

ワクチン

ワクチン打つのだろうか・・・?

まだ何も決めていない橋本です。

しかし人工ウィルス説が濃厚になってきた今、そんなウィルスを抑え込むワクチンなんかを世界中の人が打って、後年不妊にでもなったりしたら、まるでSFみたいな世界になっちゃうじゃん!そんで自家製ワクチン打った中国人だけどんどん増え続け、各国泣く泣く移民を受け入れて世界征服・・・

 

ところで。

内部情報によりますと、最近海外の演奏家の公演キャンセルが相次いでいるらしいのです。それも秋口とかの。つまり海外の人はオリンピック後の日本は確実にヤバいって思ってるって事だよね。

ワクチンどうしようかなあ。

 

 

0 コメント

2021年

6月

14日

やっこ定食

最近定食屋になんか行かないので分かりませんが、以前は居酒屋などに「やっこ定食」なんてありまして、若い時分の僕などは「そんなもんおかずになるのか?」と唾棄しておりました。

ところが最近昼時になって冷蔵庫を開けて小包装の豆腐があったりすると、そのまま「やっこ定食」にしちゃう事があります。

冷奴と漬物とご飯と味噌汁。

脂っ気ねえなあ・・・としみじみ思いますが、洗い物も楽だし、結構「やっこ」がおかずになるんスよ。あれまあ。

 

0 コメント

2021年

6月

12日

セーラー万年筆

珍しいセーラーの万年筆を見つけて、仕事用にと購入しました。

でも、ペン先が変形していて使えない。

そんなものよく買うよな・・・と思うけど、まあ壊れたもの買うのは毎度の事だから・・・

そこで取り敢えずメーカーに問い合わせた所、廉価で修理調整できそうだというお返事を早速頂いたので、レターパックで送ってみました。

 

しかしセーラー万年筆といい、パイロットといい、日本の万年筆メーカーのアフターの充実ぶりには感心致します。

なんかこう、文化の継承を意識しているというか。

万年筆好きを大事にしてもらっている気がして嬉しいんだな。

まんまと術中に引っかかっているのかもしれないけど。

 

0 コメント

2021年

6月

09日

後輪ハブベアリングからAEON

20年前に嫁が京都の洛南ジャスコ(現AEON)で買ったママチャリをいまだに乗っております。

ボロいけど全然イケる。

いや、本当はこのボロさ故のステルス性能が結構好きだ。

ところが最近、後輪からガシャガシャと音がし始めました。

注油できる所は思いっきり556を吹きかけてもダメ。最後に残ったのはブレーキ側のハブベアリングだな。でもここは後輪外してブレーキカバーを外さないと注油できません。

考えた挙句、こんなボロ自転車、いっその事ブレーキカバーに穴をあけてしまえばいいと思いつき、カバーにドリルで小さな穴を開けて、ノズルを差し込んで556を吹きかけたら一発で治りました。

本当はベアリングには分解してグリスなのですが、たまに穴から556の方が気楽です。

556しすぎてブレーキが滑るので、パークリで脱脂して、開けた穴にはプリンター詰め替えインク用のシリコンゴムで蓋をしておきました。

どうでもいいママチャリにはこれぐらいが適当です。

 

0 コメント

2021年

6月

09日

10年ぶりに歯医者へ

右上奥歯の隙間をフロスで掃除すると少ししみる。

しばらく気になっていたので久しぶりに歯医者へ行ってきました。

その医院は最終診察日が印字されるタイプの診察券だったので、日にちを見ると平成22年!

実に10年ぶりです。

 

僕は元々歯が弱いので子供の頃は虫歯だらけでしたが、大人になってから「これではいかん!」とマメにフロスを使う様になりました。それからはほとんど虫歯知らずで、40才の時に受けた市の歯科検診でも褒められたぐらいです。

 

でも、詰めた中が虫歯になってしまう事もあり、今回もそうかな・・・と覚悟していた所、レントゲンでは診断が微妙らしく「フロスの時だけで普段しみないなら、10年でも15年でも先延ばししましょう。」と言われて無罪放免されました。

歯医者も昔とは方針が変わったなあ・・・

微妙な診断で無理に治療したら神経も抜かないといけないし、それをやるのは完全アウトになった時でいいって事だよね。

先延ばしして、オレが先に死んじゃえば治療も必要ないし。

そんな事がリアルな歳になってきたという事か・・・

今よりもっと丁寧にケアしなきゃね。

 

 

0 コメント

2021年

6月

06日

ふでDEまんねん

久しぶりに画材を買おうと世界堂まで自転車で走ったのに売っていませんでした。

「ふでDEまんねん」

ふざけた名前ですが、セーラー万年筆のラインナップではちゃんと高級万年筆にもこのペン先が用意されていたりして・・・やっぱ変わってんな。セーラーは・・・

太めの線画に使ったらいいかな?と思っているんですが、万年筆としては一向に魅力がない。

本当は職人が作った「長刀ふでDEまんねん」が欲しいけど、60500円也!!

 

0 コメント

2021年

6月

05日

あれがない!

坂道の自転車道をひーこら自転車で上っていると、車道をすごい勢いで走り抜けていくロードバイクがありました。

上りなのに、いやすごいな。と思ってよく見ると、ライダーの左腕がない。当然のごとく左ブレーキレバーもない。それであのバランスとパワー。

こっちは五体満足だけど全然かなわん・・・

凄い人がいるもんだ。

 

0 コメント

2021年

6月

03日

ミニベロで山越えて帰ってきて狭山湖で昼寝

0 コメント

2021年

6月

03日

周辺光量落ち

この前やったイージーライダーの仕事のデザインが上がってきました。

なかなかいい感じに仕上がっていました。

 

そして最近よくやる技がありまして、それは「周辺光量落ち」というやつです。

ほら、橋本のHPのトップ絵もちょっとドリーミーでアンニュイ雰囲気でございましょ?

これね、周辺部の明度を若干下げているんです。

言うなれば、昔のレンズで撮影した写真みたいにね。

古いレンズって、周辺部が歪んだり、光の量が足りなくて暗くなっちゃう事があるんです。

ここら辺をどうにかしようと昔のベーレク博士とか、そういう偉い人たちがレンズの設計を頑張った訳です。

でも、そういう難ありレンズっていうのは、それはそれで味があって、独特の絵ができる。そんな雰囲気を簡単に出せるのが「周辺光量落ち処理」

ただ絵の周辺の選択範囲をボカして乗算で塗りつぶして濃度調整するだけなんだけど、それだけでどこか記憶の中のようなシーンになるので、やってみてちょ!

ただし、分かるか分からないかの微妙な所にしとくんだぜ。

 

0 コメント

2021年

5月

31日

メンタルがすごい

さすがに高校生になったらスマホぐらい買ってやるよ。とY太に言っていたのですが、「スマホはいらん。その代わりPC買ってくれ。」と言うので、ノートパソコンを買ってやる事にしました。

 

「じゃあ、クラスのみんなはスマホでLINEとかやってるんでしょ?」と聞くと、

「俺以外全員でグループLINEしてるよ。」ですと・・・

それはハブ・・・とかになってるんしょうかね・・・と思いきや、「いや、オレだけやってないの誇りだから。」という強メンタル発言。

スマホはいじってばっかりになっちゃいそうだし、パソコンの方がLINEもお絵描きも3Dソフトとか色々できるから。と、一応色々考えての事みたいです。

なんだかんだ言って、孤独に強いって事が一番なのかも。

 

0 コメント

2021年

5月

31日

休日

5月の最終日、今日の仕事はお休みでした。

夜に雨予報。

爽やかな風。

白い半袖シャツと庭の青い芝生。

開け放った窓からはホトトギスの声。

午前中に自転車で買い物に行って、夕方学校から帰ってきたカンボの散髪をする。

実に美しい一日であった。

夜に雨が降るのも楽しみ。

 

0 コメント

2021年

5月

30日

入金アリ

なんの前触れもなくいきなり振り込まれていました。一時支援金

あーよかった、審査通ったんだ。

よかったけど、支援金もらってるって事は売上落ちてるって事だからよくもない。

実はもう1個支援金を申請していたのも通りました。

こっちは省庁から上から目線な手紙がきましたよ。

 

今後は昨年みたいに全員に一律の給付はないでしょう。

調べてみると、細かい分野に分かれた支援金が沢山用意されています。

如何にもお役所らしく、自分で調べない人、気兼ねする人、面倒くさがりな人はもらえない仕組みになっています。お上は美味しい事は教えてくれんのですよ。

逆に言うと、条件が当てはまっていて、書類に不備がなければ確実に貰えると思います。

そしてどこのコールセンターの人も口を揃えて「条件は曖昧」って言ってるから。

結構・・・楽しいな。

 

 

0 コメント

2021年

5月

27日

イージー☆ライダー

仕事で「イージー☆ライダー」のシーンを数点描いております。

学生時代見ましたね。

細かい所はすっかり忘れているので、また見てみたい気もしますが、どうなんでしょう?

こんな映画を見てデカいバイクにまたがっていた自分はやっぱり困った若者だった様な気もします。とにかく世の中に「ふざけんな!」と思っていた事だけは確かなんで。

ああ困った子だ。

 ニックニックニック!インディアン!

 

0 コメント

2021年

5月

25日

個人面談

何言われるかなあ?と少しだけ心配だったカンボ(小3)の個人面談ですが、

「ユニークな性格で、いつも友達に囲まれて、物事を楽しもうとしている」という先生のお言葉を頂いた様です。

カンボ、いつもはバブついて訳分からん事言っているくせに、絶対俺より立派だ。

0 コメント

2021年

5月

22日

あんたそれラヴ目線って分かる?

あたしゃ鈍感なもんで、「これこそラヴ目線」というのが、しかと分かったのが30後半になってからだったので、若い頃に全く役に立たなかった。故に若人のためにここに記しておく。

 

マンガなんかで女子が「ぽわーん」と目をハートにする表現あるよね。あれをラヴ目線と思っちゃいかん。(上目遣いでウルウル・・・みたいなのも含む)なんせ俺もそう思っていて今まで全く気が付かなかったのだから。

そうじゃない!そうじゃないのだ!

本当のラヴ目線は、「あれ?」って目線なのだ。

「あんた誰?」とでも言いたげな。

それがラヴ目線。

男ども覚えておけ。

 

 

0 コメント

2021年

5月

22日

富永一朗と親戚

富永一朗先生がお亡くなりになりました。

お笑いマンガ道場での鈴木先生との果てなきバトル。いつもナチス式挙手の一朗。ふてくされて描くのは長いおっぱい。

下品でふざけていて好きだったなあ。

 

ところで、橋本はそんな富永一朗と親戚関係なのですよ。

遠い遠い・・・ね。

嫁の父方に関係していて、以前親戚の方とお話した時に、「是非とも富永先生の長いおっぱいの色紙が欲しい」と力説したのですが、「富永の伯父も歳だからねえ・・・」とはぐらかされたのでした。

ああ、長いおっぱい・・・合掌。

 

 

0 コメント

2021年

5月

20日

今年もホトトギス

丁度3日前から鳴き始めました。

今週はじとじと雨ですが、二階の窓からはシジュウカラの親子やツバメの親子が盛んに飛び交っているのが見えます。そして声だけはホトトギス、小綬鶏、ガビチョウ・・・が聞こえるかな。

0 コメント

2021年

5月

19日

おロシア的ウグイス

カンボのイントネーションがおかしい。

「ウグイス」を「テトリス」と同様のイントネーションで発音する。

これだけで聞いた事ないロシア的単語に聞こえるんだな。

他にも結構ありまして、カンボは何でこう独特なのかな?と思います。

0 コメント

2021年

5月

18日

余計な事はするもんじゃない

かなり以前にやった本の改訂版が出るという事で、追加でイラストを描いて欲しいという依頼がありました。

 

ととと。まてよ。

あれやった時は「この万年筆で、こだわりのインクで描くのじゃ!」とかやったので、棚の中から残り少ないインクを発見して胸を撫で下ろしました。万年筆も売っちゃってたら面倒な事になってたな。まあ、似た様なのいっぱいあるから何とかなったろうけど。

という事で、やっぱりいつもヤツで描いておくのが一番だと思い直しました。

色々仕事で試しちゃうのは面白いけどね。

 

 

0 コメント

2021年

5月

15日

そんなにいるわけない

最近、巷でマスク美人を見かけることが多いです。

中には二度見する程の美人。

でも待てよ。

コロナ前、街に美人がそうそういたかよ?

そんなわけねえ。

難しい世の中になってきたぞ!

 

0 コメント

2021年

5月

12日

一時支援金の事前確認に行ってきました

帳簿やら請求書やらの一切合切を用意して、事前確認に行って参りました。

どんな事をチェックされるのかドキドキでしたが、基本的には任意の2ヶ月の通帳と売上帳簿を照らし合わせる事がメインでした。あとは請求書、領収書などが保存してあるか。

そんなもんだろうとは思ってはいましたが、ちょっと緊張しました。

あとは審査で通るかどうかですが、それはあちらさんの判断ってことなので。

まあ、これぐらいやらないと魑魅魍魎どもに食い荒らされるんでしょう・・・登録確認機関で事前確認なんて面倒で仰々しくて、やましい人は二の足踏むので、よく考えたと思うよ。

 

 

0 コメント

2021年

5月

09日

人生の教訓

馬鹿にしないでください。

もういらない。と思っているのに、また性懲りもせずおジャンクウクレレを買ってきてしまいました。

たいして弾けないし、弾くつもりもないし、直したのがもう5本ぐらいあるんですよ。

しかも今回はかなり難易度の高い修理を必要としているヤツ。

自分ってなんてマゾヒスティックなんだと呆れながらも、夜な夜な修理です。

バック板の奥の方のブレーシングが剥がれている修理で、これが内部に手が入らないしクランプもできないし、いい具合のつっかえ棒を作って何度も何度も接着の予行練習をして、アーうまくいかねえ!!って放り出しそうになる所で気を取り直して・・・の繰り返し。

一体全体オレは何をやっているんだろう?

そんな求道的リペアから導き出した今回のお言葉。

 

曰く「入念な準備と諦めない事。そして少しの思い切りが必要」

 

 

0 コメント

2021年

5月

08日

グーニーズやるってよ!

続きを読む 0 コメント

2021年

5月

05日

歩度調整

もう時計の趣味は辞めたのですが、たまに安いと酔狂で買ってきてしまうんですよね・・・

今回のは所謂作家時計というやつで、ガワや文字盤をオリジナルで作って、ムーブメントその他面倒な部分は既存の物を組み合わせてつくってあるという、まあ、雑貨時計の一種です。(一応裏蓋にサインが入っていて、その筋では有名な方の作らしい・・・)

で、スケルトンの手巻きムーブが載っているので、それを歩度調整してみたのですが、どういう訳か凄く上手くいって、日差+1秒まで追い込みました。

 

僕の歩度調整は簡単で、ヒゲ持ちを微量に動かしては電波時計で数日かけて検証するという方法です。自作のタイムグラファーを使っていた事もありますが、趣味なのでこうやって長いことかけて楽しんだ方がいいに決まっています。

そして調整は微妙なので、ちょっと部品を押しただけで進み過ぎたり遅くなったりで非常に難しいのですが、最後は偶然に頼るという調整方もアリだと思います。

行き過ぎたなあ。と思ったらグイッと戻してしまう。そんで一日検証。ダメだったらまたグイッと進めてしまう。それを繰り返していると、偶然今回みたいにスゲエ場所に調整できる事があるんですね。

またすぐ飽きるんだろうけどサ。

 

 

0 コメント

2021年

5月

04日

雛の声が聞こえる

GW真っ只中です。

鳥達は子育ての時期なので、散歩に行くと所々で雛の鳴き声が聞こえます。

チーチーチーチー。

僕は声を知っているので立ち止まりますが、みんな全然気が付いていないみたい。

ふふふ。と思っちゃう。

 

0 コメント

2021年

4月

29日

やっぱカラスはすごい

重量ブロック追加で事なきを得たかと思われたカラス被害のゴミ置場ですが、結局その後も網の上から執拗に突かれ、網内部でゴミが散乱するという被害が出たので、物置にあった遮光ネットを二重にして網に重ね、中が見えないようにして決着したかに思われました・・・

ところが。

遮光ネットがかかっていない隙間部分の弛みを狙って上からゴミを引っ張り出してしまうというね、もう凄い執念ですよ奴は。

ほとんど関心してしまうぐらいでしたが、こっちも諦めず一つ一つ問題をクリアしていきゃいいんです。

全面に遮光ネットを貼り付けて、再設置して弛みをなくしました。

(やっぱり中が見えないと興味が湧かないらしいですよ)

 

さあ、これでどうよ?

 

0 コメント

2021年

4月

27日

イヤイヤ

一時支援金は、揃える書類が罰ゲームみたいに面倒臭い・・・

そして事前確認といって、ウェブ上で仮登録してID発行後、登録確認機関という妙な所で実際に帳簿や書類の確認をしてもらうという面接みたいなのがある。

で、勢いで申し込んだ。

銀行の人、すげえイヤイヤだ。

やりたくないの見え見え。

でも俺だってイヤイヤだ。

政府だって払うのイヤイヤで、諦めさせようとわざと煩雑にしているんだ。

だからみんなイヤイヤで普通なんだ。

イヤイヤな俺は変じゃないって。

 

 

0 コメント

2021年

4月

24日

ゲイジツ家

30万の一時支援金があるらしいじゃないの?と母から言われましたが、あれは宣言で直接影響を受けた証明を示さないといけないらしいので、「今回はちょっと無理かなあ。」と伝えた所、

「ゲイジツ家は大変ですね。」とメールが来ました。

 そうですね、ほんとゲイジツ家は大変。

 

※証明書類もないし、イラストレーターは無理かな?と思って支援金のコールセンターに相談してみたら、「うーん。難しいですよね・・・でも、お話聞いていると対象になっていそうな気もしますけど・・・申請してみたらどうですか?」と言われたので試しにやってみます!

 

0 コメント

2021年

4月

24日

コンデジどこ行った

どうやらデジカメのレンズ内部にゴミが付いたらしく、妙な黒子が映る様になってきました。

気になったのでレンズ部を掃除機で密着させて思いっきり吸ったら、少しはマシになりました。

しかしこのコンパクトデジカメも10年ぐらい雑に使っていまして、僕的には何も不満はないのですが、先月の卒業式ではコンデジを構えている人など皆無でした。

気合のデジ一以外はみんなスマホ。そりゃそうか。

 

 

 

0 コメント

2021年

4月

23日

北大

嫁の父方のルーツは元々樺太にありまして、ソ連侵攻時に北海道へ渡ったらしいです。

そんなルーツを持つ北海道のおじさんから、Y太への高校入学祝いが届きました。

お礼の電話の中で、「うちからはまだ北大出はいないから、北大入れるんだったら家ぐらいは提供する。」という本気だか冗談だかわからぬ申し出がありまして、まあ、旧帝大ですから今のY太にとっては限りなく冗談なんですが、でも、こういう細い糸を手繰る様にして夢は叶えられる事もある訳でして、可能性というのは小さくても結構転がっているな。と改めて思った次第です。現時点では粟粒の様に小さいけど。

しかし北海道で青春時代を過ごすなんていいでしょうね。

僕にはないルーツを受け継いでいる訳だし。

 

0 コメント

2021年

4月

20日

まんぼー

まんぼーとか宣言とか騒いでますけどね、

あたしは変な所が刺激されて「どくとるマンボウ航海記」を図書館で借りてきました。

しかし次の宣言は学校が休みになるだろな。

 

 

 

0 コメント

2021年

4月

17日

賢すぎる

色々考えたのですが、結局シンプルに錘を増やす事にしました。

ホームセンターで重量ブロックを購入。(自腹)

一つ一つやってみて、ダメだったら他の方法を考えよう。

 

・・・「賢そうな奴なので、ダメだと分かったら諦めるのも早いだろう。」とは思っていましたが、新規ブロックを追加した途端、来なくなりました。

敵ながらあっぱれなヤツ。

 

0 コメント

2021年

4月

15日

ビブラムソールをビス止め

かかとソールの剥がれた登山靴をスーパーXで接着しました。

でも、心もとない・・・

なので、ソール側からビスをねじ込みました。

中に貫通しちゃうかも?と思いながらやりましたが問題なさそうです。

 

0 コメント

2021年

4月

14日

ペヤング

頸椎圧迫骨折で安静にしている母の所へ手伝いに行くので、「何か買っていくものあるか?」とメールした所。

 

「ペヤング買ってきて。たまに食べたくなる。」

 

という71才とは思えぬ返事が返ってきました。

今まで頂き物の中に、たまにペヤングが入っていましたが、あれ、お母さん自身が好きだからだったんだ・・・俺の事よく分かってる〜!と思っていたのに・・・

ちょっと衝撃でしたが、スーパーに行った所、お年寄りが結構ペヤングをカゴに入れていまして、改めてペヤングの裾野の広さに感じ入りました。広告の特売だったにしてもだよ。

すげえなあ。

 

0 コメント

2021年

4月

13日

果てなき戦い

なんとなく嫌な予感がして外に出てみると・・・

やっぱヤられたか。

カラスがゴミ捨て場の生ゴミを散らかしています。

見ると、すごいデカいカラス。

僕が近づいても、物怖じせずに近くの物置の屋根で様子を見てる。

しかも今まで何者も動かすことができなかった、ネットの錘の重量ブロック(半)を動かすとは、なんたる怪力。

ぬぬぬ、奴はボスに違いない。

燃えてきたぜ〜。

お前がそう来るなら俺だって守備を固めてやる!

 

0 コメント

2021年

4月

12日

春の森

昨日、珍しく末の妹家族が訪ねてきました。

天気が良いから狭山湖へ行くというので、森の道を通って途中まで案内してきました。

新緑の季節は森が綺麗です。

まだ虫も少ないし、明るく空気も清々しい。

でも、ここから夏までの森はあまり好きではありません。

森の勢いと生命力が強すぎて圧倒されます。

強い生命力の匂いは、少し臭い。

あれも苦手。

でも、本物って少し臭いんですよ。

 

0 コメント

2021年

4月

10日

パナマハット

パナマハットを買いました。

これ高いんです。

なんで高いのかというと、手編みなんですよ。(知らなかったけど)

エクアドル人がチマチマ手で編んでるらしい・・・

だったら納得です。

 

でも日本はここ数年極端な猛暑で、パナマ帽かぶっても全然涼しくないよね。むしろかぶらない方がいい。頭髪もいらないぐらいだ。いやそもそも夏は外に出たら危険なのです。

これは前世紀のイメージの残滓だな。

ま、でも、そのイメージが大切。

 

 

0 コメント

2021年

4月

10日

流行性感冒

ガーシー作「流行性感冒」のドラマがNHKでやるというので、こりゃ見なくちゃ。と思ったら、BSなのね。

でも、どんな話だったっけな?

 

志賀直哉は「暗夜行路」が有名で僕も大好きですが、本当は短編の人です。

色々なスタイルがありますが「網走まで」とか「城の崎にて」とか「焚火」とかいいですね。

すーっと入ってきて、心がシーンとして、去っていく。

夕立の様な・・・

きっと、とても本質的なんでしょうね。

 

0 コメント

2021年

4月

08日

ローファー

さて、子供たちは新学期が始まりました。

カンボは3年生。Y太は高校1年生。

西の方から変異株もジワジワ来ていますし、いったいどんな一年になる事やら・・・

 

ところでY太の学校ですが、流石私立だけあって、身に付けるもの全てが指定です。

靴下もシャツもベルトも全部ガッコのマーク入り。僕が通っていた私立校もここまでじゃなかったので、やりすぎじゃねえの?と思いますが、極め付けはやっぱ靴がローファーなんです。

歩きにくくてこれ嫌いだったなあ。

何でプレーントゥとかストレートチップとかの紐靴にしないんでしょうね?僕は高校の時分からそう思っていたんですが。

そして元々女子校だった事もあり、クラスで男子が8人しかいないんだと。

男子校だった硬派な僕としては、教室が甘臭い感じなの・・・嫌だな。

 

 

0 コメント

2021年

4月

05日

一つの事例

Y太「高校に行ったらスケボーがしたい!」

「春休みだし、お祝いもらったし、ムラスポ行ってくる!」

「T君と行ったらムラスポ潰れてた。しかももう一軒の店も閉店してた。

でもT君は今度の土曜も付き合ってくれるって。」

「さっき電話あって、T君骨折したって。こんだけ無理ならスケボー買うのしばらくやめとく。」

 

Y太は大概こういう事でスルスル〜ッとやってこれたわけさ。

 

 

0 コメント

2021年

4月

03日

独特すぎる

カンボの言語感覚が独特すぎるんです。

先日も、美術館でリクライニングチェアに座っていたカンボに、「さあ、もう行くよ〜」と促すと、

「さ、上がるかっ!」と立ち上がる。(風呂!?)

 

その後のコンビニで「ほら、肉まんあるよ。食べたがっていたじゃん?」と聞くも、

「う〜ん。おれ、マンはいいや。」

 

確かに伝わるし間違ってはいないんだけど、どっから持ってきた?というワードを平然と使う傾向があるので???です。

 

 

0 コメント

2021年

4月

02日

銀座へ

続きを読む 0 コメント

2021年

4月

01日

佐藤可士和展

続きを読む 0 コメント

2021年

3月

30日

敗因

Y太の部屋がとっちらかっているので、参考書などの処分を手伝ってやりました。

塾の教科書とか山盛りあって、ああ、もったいない・・・

 

「敗因はどこにあったと思うよ?」と何気なく聞いてみた所、

「内申不足と、試験は集中力が続かなくて、最後の英語とか、もういいやって思っちゃって・・・」

という事で、本番の試験でこれですから、そりゃ受からないよ。

実はあと3点で合格だったらしいので!!

 

きっとこういう所がY太の人生の足を引っ張り続ける部分かと思います。

そこをどう変えていけるのか?

10代20代はそれが課題でしょう。

 

果たして伝わってるのかなあ・・・

 

 

 

0 コメント

2021年

3月

29日

赤さん

育児で思い出しましたが、僕たちは通常赤子の事を「赤ちゃん」って呼びますよね?

「アカチャン」という一つの単語みたいに思いがちですが、志賀直哉の暗夜行路なんかを読んでいますと、医者が「赤さん」と呼んでいるんです。確か他でもあったな。漱石だったかな。

つまり「おじいちゃん」「おじいさん」みたいな敬称ですね。

その文法でいくと「赤様」ってのもありなのかも。

いいですね。赤様。

それでいくと赤狩りとかヤバいですね。

 

0 コメント

2021年

3月

28日

母乳原理主義

最近、おっぱい関係の仕事をお受けしております。

エロの方じゃなくて、育児の方。

自分では元々の趣味やお勉強が仕事に役立ったという事例はあまりないのですが、こと育児に関してはかなり関わりを持ってきましたので、ちょっとした経験がございます。

もちろんおっぱいは未装備なので授乳はできませんが、側から見ていると母乳育児っていうのも出だしから結構大変で、何より母乳原理主義が問題を複雑化させている原因なんだなと感じます。

つまり、赤ちゃんにとって母乳こそサイコー!って事なんですが、当たり前だからこそ出ない人にとってのプレッシャーは地獄。

「ママになったら必ず出るものなの」助産師のその言葉にもハートを砕かれてしまう。

特にエリート志向の強いママは陥りやすいのではないかと思っておりますが、いかがでしょう?

 

そして巨乳だからいい乳かっていうとそうでもないらしく、乳がデカイと母乳が溜まってしまって乳腺炎になってしまったりするんだそうです。だから本当の意味での「いい乳」の基準もここへ来て曖昧になってくるわな。

 

蛇足だけど、母乳って薄甘くて美味しくないんだ。アカンボってあんなもん好きなんだぜ。

 

0 コメント

2021年

3月

28日

イラストレーションファイル2021

玄光社「イラストレーションファイル2021」が発売されました。(あれ、まだか?)

橋本も下巻に掲載されていますので、ちょっとお目通し下さいませ。

 

しかしこのコロナ禍において、みなさん立派にお仕事されていますねえ〜。

凄いなあ。と素直に思います。だって、俺なんか仕事がなくて、去年の4月頃にパートに出ようとハローワーク行ったもんね。結局不採用でイラストを続ける事になったけど。

一見カッコイイですけど、あの本に載っていても本当はこんな感じのイラストレーターも結構いると思うんですよ。今年から掲載がなくなった知人も何人かいましたし。

寂しいもんですね。

 

そして僕が学生の頃に掲載されていた大御所は、今やほとんど消えてしまい、個人情報保護の観点から住所を掲載する人も少なくなりました。

デザイナー時代は、この人はどうやってイラストレーターになったんだろう?と、各プロフィールを熱心に読んだものでしたが。

あの頃を思い出すと、今は奇跡みたいなものだな。と思います。

本当におとぎ話みたいだよ。

 

 

0 コメント

2021年

3月

27日

8才

今年はカンボの誕生日がなかなかやって来なくて、いつになったらたどり着くのだ?とジリジリしていましたが、やっとその日を迎える事ができました。

 

カンボはつむりがちょっとバブついていますが、太っ腹で、損得を考えずにまず自分が動けるという男気がある。そういう所、凄いと思うんだよね。

 

 

学生の頃、すごく忙しい居酒屋でバイトしていた時、上手くサボろうとする人が入ってくるんですよ。でも、大概そういう人はすぐ辞めちゃう。結局残っている人は、損得考えずチーム全体の事を考えて自分から動ける人ばかりでした。そういう人達は素直で信頼できるからすぐ友達になれた。

でも、大学を卒業してデザイン会社に就職したら、色々と周りとの駆け引きが必要で、嫌々ながらも自分の保身のために損得ばかりを考える嫌な大人になってしまいました。

あの頃は僕も無垢で素直だったんだなあ。と思います。

カンボもきっと直ぐにバイトリーダーだな。

 

どうぞ無垢なままで。

お誕生日おめでとう!

 

 

 

 

0 コメント

2021年

3月

26日

普通の人の老後2回分

イラストレーターは自由が効く職業なので、仕事で「超忙しい時」といってもたかが知れています。(と、思います。)

だから僕は毎日が日曜日と言っても過言ではない。

その代わり、フリーイラストなどの台頭で価値の大暴落が起きているので、イラスト料は安いし、それも年々下がり続けている。このままでは遠からず終焉を迎えるかもしれない。という危機感は常にある。

それに(僕の場合ですが)家事を大概こなしているので、それに割かれる時間も多い。

今日だって終業式なので、子供たち二人に昼ごはんを作らないといけないし、母の介護で午後は出かけないといけない。だから午前中に掃除洗濯を済ませて、仕事を仕上げてメールで送って、さっきは沢山もらったネギを小口切りにしてタッパに詰めたりしている。非常にドメスティックでかっこ悪い。

 

でも、まあ、嫌な上司もいないし、サザエさんシンドロームもない。やっぱり毎日が日曜日とも言える。

だから、いくら所得が低くても、普通の人の老後の2回分ぐらいは既に自由時間を満喫しているという自信はある。

そしてこの「既に」というのが重要で、例えこの先イラストレーター生命が潰えたとしても、まあ、仕方ないか。と諦めと踏ん切りがつくのではないかと思っている。

 

 

イラスト料が今の倍になればそれこそ何も文句はないのだけど、少しぐらいの不幸は甘んじて受け入れないといけないのかな。なんせ毎日が日曜日なんだから。

 

0 コメント

2021年

3月

25日

カンボのステキな所

学年末なのでカンボ(小2)が文集を持って帰りました。

「あなたのステキな所」という文集で、クラス全員に自分のステキな所を書いてもらったプリントを綴じた物。

読んでみると、ほぼ全員から「面白い」「笑わせてくれる」という評価をもらっているカンボ。

確かに家でもふざけた事ばかりしているよね・・・

お笑い係だったし、クラスではムードメーカーらしいです。

 

そんなカンボがさっき部屋に入ってきて、

「ゆーやん何やってるの?ゆーやんの仕事ってテレワーク?」

と言われました。

あのさ、俺の仕事知っとる!?

もう15年以上テレワークだがや。

 

こんな感じで、まだちょーっとバブついた所がありますが、

ユーモアのセンスがあるってなかなかいいですよ。

その才能できっと困難も乗り越える事ができるでしょう。

3年生もガンバレ!

 

0 コメント

2021年

3月

25日

アフリカ象よりインド象の方が好き

子供の頃は逆でしたが、大人になると何故か好きになるインド象。

確かにアフリカ象の方が堂々としていて立派です。が、しかし、どういう訳か大人になると、インド象のしょぼくれた感じが無性に好きになってきます。

頭の上の煙みたいな毛もキュート。

なので象を描け。と言われると自然とインド象を描いてしまいますが、今回の仕事はアフリカ象のリクエストです。

アフリカ・・・かあ。

 

0 コメント

古い日記(2005.8〜2011.11)