BLOG 日々日記

生活を日々綴っています。

 

2019年

5月

23日

夢うつつ

昨夜、ホトトギスの鳴き声を聞いた様な記憶があります。

季節的にはもう飛来してもおかしくないので、現実だったのかもしれません。

しかし夢か現かといった様な朧げな気持ちになったのはひさしぶりで、鬱蒼とした蒼い夜の森で鳴いている孤独なホトトギスを想像すると、それはまさしく幻そのものに思えてきます。

 

0 コメント

2019年

5月

22日

嫁と同じ歳だったTYPEⅡ

続きを読む 0 コメント

2019年

5月

21日

腕時計のノビノビベルト

最近時計収集は卒業したのでほとんど買っていませんが、今日は久しぶりにセイコー・タイプⅡが500円だったので買ってきました。

(初期のオールドクオーツは作りが立派でなかなか魅力的)

もちろん電池切れで動くかどうか分かりませんが、美品な上にローマンインデックスで、あんまり見た事ない厚手のノビノビベルトが付いていたのでね。

調べてみたら、イタリア製の高級ノビノビベルト「エルミテックス」だそうです。

今までノビノビベルトってバカにしていましたが、これいいですよ。ステンレスなのにA-2の袖リブみたいな付け心地です。

ベルトはいいけどセイコーが死んでたらどうしょうもないんだけど。

 

0 コメント

2019年

5月

20日

新聞屋の謎

すみません。

バタバタしておりまして、更新が疎かになっておりました。

ああ、一週間空いてしまったな。

さて、そんなわけで今日は新聞屋の謎がテーマです。

 

夕刻、ピンポーン!と新聞屋が訪ねて参りました。

主に嫁が読んでおったY新聞。この度嫁が就職したので読む時間もないであろうし、無駄だろうと契約解除したのですが、やっぱり無いと寂しい。テーブルに置いてあるだけで何となく情報が入ってくる。そういう感じはインターネット等の能動的メディアとは違った情報窓口でもあるようです。なので、再契約しようか?と話していた所でした。

 

そしてその場で再契約を交わした営業のお兄さんの話によると・・・

「新聞は定期的に解約してください!そうすればこうやってまた再契約に来ますんで!その時はまた僕が頑張って色々持ってきますから!」と言ってビール2ケース、野球観戦チケット4枚、選べるギフトを置いて風のように去って行きました。

 

・・・

う〜ん。こんなやった人だけ得をするみたいな面倒くさい形骸化したサービスシステムを引きずっていると、遅かれ早かれ破綻すると思うんだけど。

この際そんな昭和なサービス一切止めて、購読料を下げなさい。

もう令和なんです!!

 

 

0 コメント

2019年

5月

13日

展開が読めん!

この春は色々なことが走り始めまして、

ある案件に関しては、非常にドラマチックな展開を見せております。

これをドラマチックと言っていいのかどうか・・・

すんげー曖昧な投稿ですが、ま、そういう事にしといてチョ!

 

 

0 コメント

2019年

5月

11日

アロハとダメージジーンズ

カンボと古着屋に入ったところ、

「オレ、これが欲しいなあ」と子供用のアロハを手に取りました。

「それでさっきのボロボロみたいなジーンズも欲しいなあ・・・」

 

へ〜!カンボはそういうファッションに興味があるんだ。

オシャレだね〜。

 

0 コメント

2019年

5月

09日

ソファーサイドテーブル

続きを読む 0 コメント

2019年

5月

07日

ペンタブ保護フィルムの代わりにクリアファイル貼り付けた

今までのやつよりちょっと大きめサイズのペンタブレットを買ってきました。

あ、入門用の一番安いやつです。僕はこれで十分なんで。

しかしペンタブレットって使っているとペン先が削れるのは勿論、本体側も削れてくるんです。なので今回は保護シートを貼ろう。と思ったのですが、買うのもアレなんで、沢山余っているクリアファイルをカッターで切ってリャンコテープで貼り付けてみました。

これは結構快適です。予備はいくらでもあるし。

 

それと、ペン先が削れてきてガリガリしてきたらペンチで優しく摘んで180度グリっと回してやると快適に使えます。最初はいちいちサンドペーパーで先端を丸めていましたが、この方が面倒がないです。

 

しかし検索して出てくるペンタブレットを使いこなしている漫画やアニメのプロってこだわりが沢山あって絵が上手いですね〜。どれも好きな絵じゃないけど。

僕の場合は一からペンタブレットじゃなくてビンテージ万年筆で描きます。(なんとなくカッコイイからだよ!)ペンタブを使うのは調整作業って感じなので悪しからず。

 

 

0 コメント

2019年

5月

07日

休日などいらぬ

やーっと終わった10連休。

毎日毎日昼夜のご飯を作って、Y太の試合のベントーまで2回も作らされた。

カンボはどこかへ連れて行かないとテレヴィ漬けだし、それにこっちも耐えられん。

ファーックオフ!!

もう10連休なんて来なくていい!

 

夏休みが恐怖でしかない・・・

 

 

0 コメント

2019年

5月

05日

麦茶ピッチャーに手が入る

続きを読む 0 コメント

2019年

5月

04日

里山祭りじゃなかった

続きを読む 0 コメント

2019年

5月

03日

バッシュを洗え!

Y太の足が臭い。

毎日履いてるくせに洗えないという都市伝説があるバッシュが問題の一因であると橋本博士は睨んでおる。

だいたい「絶対に〜できない」という触れ込みがある物というのは、クレーム対策であったり、それをやられるとメーカーの儲けに関わってきたりで都合が悪いからという事が多いのだ。革製品や帽子も一緒。

 

ということで、博士の場合バッシュは洗う。

中敷を出してから洗剤を溶かしたバケツに漬けて、丁寧に中の布地を揉むようにしてから濯ぎを2回。その後洗濯機にぶち込んで脱水3分。あとは干すだけ。中敷は100均で新しいのを買ってこい。これで別に問題ないけどね。ウレタンが痛むとか加水分解がとかいうけど、プロじゃあるまいし・・・それに洗っていると劣化の具合も確認できるしね。

ただし洗う時は丁寧に。形をきちんと整えて干し、途中経過を確認する事。

ソールの微妙な剥離はマスキングしてスーパーXで補修せよ。

 

 

 

0 コメント

2019年

5月

02日

日焼けに注意!

一番のお気に入りのホースハイドの革ジャンを部屋にズーッと吊るしていたのですが、久しぶりに着てみた所、前身頃だけが日焼けして退色しとるやないですか!?ベジタブルタンニンだとこうなるのかあ・・・

まあ、元々ガサガサのボロボロだったのでいいんですが、とてもタイトな上に肉厚な革ジャンなので、着られる期間が短く、吊るしの状態が長くなりがちだからなあ。(中にシャツ一枚しか着られないサイズだと冬は無理)

仕方ない、今度はヒックリ返して吊るして。

背面は絵にならん。う〜ん。

 

 

0 コメント

2019年

5月

01日

令和ですか

令和元年初日ですが、皆様いかが過ごされましたでしょうか?

わたくし橋本は家事育児で手一杯で、令和だろうが平成だろうが関係ない。令和は戦争の時代に違いない。日本はもうすぐ沈没する。といった負のスパイラルに突入中です。

でも実際、令和の字面と戦争はピッタリ来るんだよなあ。参るなあ。

 

 

 

0 コメント

2019年

4月

30日

平成最後のモッコウバラ

0 コメント

2019年

4月

29日

これがゴキブリ

続きを読む 0 コメント

2019年

4月

29日

先日の観覧車

0 コメント

2019年

4月

26日

チャバネゴキブリな革ジャン

平成最後に本気の革ジャンをゲットしました。

馬革のスポーツジャケットで、恐らく30年代の復刻ものでしょう。恐らくというのは、タグが外されており詳細不明だからです。でも、ディテールはとても凝った造りで茶芯の革のエイジング処理がリアルで凄い。既にチャバネゴキブリみたいなスレツヤが出ております。

橋本が買う革ジャンですから古着な上に難ありで、これもタグなしジッパー故障でした。でもまあ、とにかく革が良いので他は何とかなるだろ。という事で確保し、家でスライダーをペンチでかしめた所、扇型WALDESジッパーは何とか使えるまで回復しました。胸ポケのボールチェーンの欠損も適当なキーホルダーから部品取り。結局こういうのが楽しいんだわ。

チャバネゴキブリみたいな写真はまた今度ね。

 

0 コメント

2019年

4月

23日

安っぽさの分水嶺

昨日はカンボと一緒に鯉のぼりと甲冑を出しました。

元々この五月人形は僕が生まれた時に祖父から贈られた物で、Y太が京都で生まれた時に実家からもらってきた物です。

上下フルセットの大きな甲冑で、オプションを全部出せば相当豪華なお品です。でも面倒だし傷んでいる物もあるので、甲冑、太刀、弓矢、金屏風だけ出す事にしています。

ただいくら立派とはいえ、昭和の人形なので安っぽさは否めません。今までは安っぽいなあと思いながら飾っていましたが、どういうことか最近安っぽさが味に感じ始め、年々貫禄を感じる様になってきました。

骨董市などで見かける五月人形も安っぽいなりに味わいがあって、なかなかいいなあ。と思いますし、時代を経ると当時の安っぽさが今の安っぽさではなくなってくるんだと思います。44年を経て令和を迎え、とうとう安っぽさの分水嶺を越えたか・・・

そしてこのまま受け継がれていくのかなあ・・・?

 

 

0 コメント

2019年

4月

21日

観覧車はアレに似ている

登る時はスリルと興奮で楽しくて時間も長いよね。上に行くと水平の様で気づかぬ間に天辺を過ぎていて、降る時は退屈でアッと言う間。ひょっとして人生も同じなんじゃ・・・

そんな事を西武園の写生大会の後に乗った観覧車で思うなんてねぇ。

どうでもいいけどカンボの絵はひどく下手くそ!

 

0 コメント

2019年

4月

17日

カンボのディスり

そんなA君とは対照的に「オレのお父さんジジイだよ!」と、カンボが僕の事をディスって他のママ達のウケを狙おうとします。

うーん。微妙な年齢だけに実際返答に困るじゃないか。

この前などお店でちょっとエッチなグッズを見つけたカンボが「お父さんオッパイ好きだからね〜!」と大声出しやがって、それも本当の事だから言っちゃダメでしょ!

 

0 コメント

2019年

4月

16日

応援

新一年生は学校までお迎えに行かないといけないのです。

ひっじょーに面倒くさいのですが、下校班で一緒のA君が色々と話しかけてくれるのが結構楽しいです。

 

今日なんて・・・

「カン君のパパお仕事頑張ってね。僕がいない時でも僕は応援しているから覚えておいて」なんて健気な事を言われまして、こんな事Y太にもカンボにも言われた事ないよ・・・

いい子なんだなあ。

 

 

0 コメント

2019年

4月

15日

嫁の就職

とうとう嫁が就職しました。

今日から研修という事で初出勤。

ということで、仕事の合間に掃除洗濯夕餉の支度まで家の事を一手に引き受ける事になったイラストレーター橋本でございます。

どうせだから久しぶりにお勉強してお料理の腕も上げないといけないわねえ・・・

・・・なんか想像していた人生と違うじゃないか!!

 

 

0 コメント

2019年

4月

13日

山越え

今日も山一つ越えて自転車で立川まで買い物に行ってきました。

往復25km漕いで何も買わなかったけど。

しかし当たり前なのですが、ママチャリでもロードバイクでも長い坂を登っている時っていうのはキツイです。そりゃママチャの方が重たいですが、だからといってロードバイクだと劇的に楽かといえば全然そうじゃなくて普通にキツイ。よくやるよね。

 

0 コメント

2019年

4月

12日

平吉の事忘れてた!

毎晩、亀の平吉をケージから出してリビングで遊ばせています。(ヘキヘキタイム)

ところが昨日は疲れて子供と一緒に寝てしまい、平吉を元に戻すのを忘れておりました。

今朝起きてから捜索してみると、TV裏のゴチャついたコードの中で寝ているのを発見。あんたそこ好きだよね・・・昨晩はちょっと冷えたので、温室育ちのおヘキには辛かったかな?

 

亀って結構かわいいです。

いつも外に出たがる平吉が板の間をコトコト音を立てて歩いている様はほんとラブリー。TV裏で埃まみれになったり、ソファーの隙間を爪でグイグイ登っちゃう事もあります。(どうやらこれが好きらしい)

クサガメは何十年と生きるらしいので、自分が還暦を迎える頃には相当でかくなっているかな?と想像しています。

 

 

0 コメント

2019年

4月

11日

昔の子供

新学期からカンボはスイミングに通い始めました。

通常は送迎バスで一人で行くのですが、最初は準備やら付き添いやらで面倒臭い。着替えの時などロッカールームは子供達でごった返すので、ちゃんと自分の荷物が分かるか、忘れ物をしないか等ちょっと心配してしまいます。

 

僕も小学校6年間はスイミングに通っていましたが、昔の子供は我の強い荒っぽい連中が多かったので「ここは俺の場所だ!」と、勝手にロッカーの荷物を移動されたり、バスで騒いでお菓子のゴミを捨てまくって、運ちゃんに「お前らここで降りろ!」なんて怒鳴られている事もよくありました。(僕は大人しいい子だったので傍観)

今の子は 総じていい子ちゃんが多いのでそんな事も少ないでしょうけど、昔は他人を蹴落とす様な競争原理がまかり通っていたので、子供でもガサツで嫌な奴って周りに沢山いたなあ。と思い出しました。今のゆるい感じは正直羨ましいです。

 

 

0 コメント

2019年

4月

10日

雨なのでブーツに蝋を塗ってあげた

4月なのに冷たい雨。

学校まで2キロもあるので、慣れない道をゴム長では辛かろうと、カンボの偽イエローブーツに蝋を塗ってあげました。どんだけ弾くか分からんけど。

 

しかし帆布のバッグやキャンプに使うタープを蝋引きすると、かなり防水するのに驚きます。蝋をぐりぐり刷り込んで、ドライヤーやアイロンで熱して染み込ませるだけ。蝋は普通のロウソクで十分。

昔はゴアテックスなんてなかったので、米軍のブーツにもパラフィンを染み込ませた物もありましたし、バブアーなんかは防水のために臭い専用のオイルを染み込ませますね。今では形骸化したお作法みたいなもんですが。

昔の人は防水の為に身の回りの物で色々工夫してたって事。

 

0 コメント

2019年

4月

09日

入学式

昨日はカンボの小学校入学式でした。

朝から雨が降って寒く、1年担任の先生二人がインフルで欠席という波乱に満ちた幕開けでした。夕方には雷鳴と共に大粒の雹も降りやがった。

よりによって・・・といった案件もあったりして、う〜ん、カンボ。大丈夫だろうか・・・

 

そしてY太は中2年に進級したものの、あまりのだらしなさ、自覚のなさに初日から叱り飛ばしたりして、だんだん自分が嫌になってきました。もうタブレットもゲームも禁止。世の親はどうして中学生に対してスマホフリーなのか理解不能ですよ。もー!

 

0 コメント

2019年

4月

07日

そんな、遠くなった、京都。

2019年

4月

06日

いろんな意味で京都は遠くなった

軽自動車で埼玉から京都まで。

やっぱり遠かった。・・・休憩入れて片道7時間ぐらい。

 

それよりも今の京都!

外人ばっかりでやがんの。

京都は現在、外国人観光客がウィー!って楽しんでいるアミューズメントパークみたいな雰囲気に成り下がっています。

 

僕たちが住んでいた12年前の京都は、のんびりとした最後のいい時代だったのかもしれないなあ・・・

 

 

 

 

0 コメント

2019年

4月

01日

母メン

4月ですよ。新元号発表ですよ。

そんなわけで、我が家の次男坊もこの春から小学校一年生です。

それと共に4月は色々始まっちゃう予定でして、「そろそろ育メンも卒業だなあ」なんて思っていたら、僕が仕事をしつつ家事全般を引き受ける事になってしまいました。

前から言ってるけど、オムツ外しとか中一の靴下洗いとかやってる育メンはそうそういないと思うので、最近は自分の事を「母メン」と呼んでいます。

でも育メンは何となく自慢できるけど、母メンはリアルな父子家庭じゃね?みたいなね・・・そんな冗談言える可愛いママ友もいねえし、あ〜つまんねえ!

 

0 コメント

2019年

3月

29日

すっきりしない!

どうも風邪がすっきりとしない橋本です。

そんな中、カンボと一緒にウォーキングに行ってきました。僕が歩くいつものコースなので、たぶん6kmぐらいあるのですが、頑張って着いてきました。「文句言うならケツでも拭いて一人で帰れ!」と鬼軍曹に言われるからね・・・

途中、湿地で大きなアオサギに遭遇。おたまじゃくしも沢山孵っていました。

コンビニでブラックサンダーを買ってあげて、寺の東屋で食べて寝っ転がって休憩。

これから入学したら片道2kmの通学路なので、少しは練習しておかないとね。

 

 

0 コメント

2019年

3月

26日

あれはシャボン玉?

航空公園のベンチに座っていた時の事。

目の前の木の下生えからピンポン球ぐらいの一粒のシャボン玉が現れました。シャボン玉はフワフワと木の枝の間を抜けて上昇し、そのうち見失ってしまいましたが、直後に周りを見回してもシャボン玉遊びをしている子供はいないんですよね・・・遠くまでかなりしっかり探しましたが、誰もやっていない。あれ、やっぱアレでしょうかね?

 

0 コメント

2019年

3月

25日

自作自転車カバー

写真が面倒で上げていませんが、マークローザの為にカバーを自作しました。

折角買ったのにいきなり雨ざらしも可哀想・・・。かといって市販の自転車カバーって、丈夫なやつでも1年ぐらいで劣化して破れちゃうんだよね・・・

という事で、ホムセンで#4000UVシルバーシート180×270(3年耐久)を買ってきて、縦半分に折って、両端をミシンがけ。(26インチT字ハンドル・マークローザはだいたい200cmでOKでした)縫ったら裏表をひっくり返して、各ハト目にダイソーで買ってきた園芸用ロープを短く切って結んで完成です。

本当はフロントにマチを付けたり、リアを斜めにカットすれば、より「らしく」なるのですが、シートがゴワゴワしてミシンがけが面倒なので止めました。それに天井に縫い目があると雨が沁みるかな?とも思って。

これ、制作費1300円だし簡単だし結構上手くいった。

ただ、ほんとに3年耐久かなぁ〜?という所がね。

 

 

0 コメント

2019年

3月

25日

頭痛

急性副鼻腔炎で2週間続いていた「頭痛&顔面痛&歯が浮いた感じ」がやっと治まってきました。

その間鎮痛剤を飲んでいたのですが、ブルフェン、ロキソニン、カロナールと処方されてきて、量も異なるので一概に比べられませんが、カロナールが一番微妙でした。

カロナール飲む→ズキズキ痛い→しばらく我慢して仕事→我慢できない→横になる→痛み治る→もう夜→仕事できずバカ!こんな感じ。

まだ少し痛いけどもう大丈夫。

 

0 コメント

2019年

3月

23日

見立ての悪い人

カンボが重い咳をし始めたので、小児科に連れて行きました。

土曜なのでちょっと微妙な先生しか選べない。

やっぱり医者にも見立ての悪い人っていうのがいて、今日は改めて観察してみると、身だしなみ、器具の汚れ等、素人の僕が見ても目に付く所があります。

逆に見立てのいい先生というのは、雑多な中にも鋭さがあって、雑談しながらでもポイントは確実に押さえてくる感じです。保身的なふわっとした処方はしない。

こういうのは何の職種でも一緒で、見立ての悪い人というのは何処か保身的でだらしないです。

中学生のテストの失点内容も、ある意味その子の総体と言えよう。精進すべし!

 

0 コメント

2019年

3月

20日

卒園式

今日は幼稚園の卒園式でした。

子供が5歳ぐらいまでというのは、なかなか時が進まないのですが、ここを過ぎるとあっという間で、「気がついたら3年生」みたいな事になるんですよね。

だから卒園&入学というのは一つの節目だと思います。

年少さんの時はブレーキ未搭載の暴走列車だったカンボ超特急は、この3年で随分としっかりした子に成長しました。

 

でも、どうしてだろ?

二人目だからなのか、歳とったからなのか、体調がイマイチだからなのか、お式ではあんまり色々と感じる事もなく「さっさと帰ろう!」と一番乗りで帰ってきました。腹減ったし。

 

ともかく卒園おめでとうございます!!

 

 

0 コメント

2019年

3月

19日

カエルになりたい

少しは体調が回復したので歩きに出かけました。

ここ数日ですっかり暖かくなり、トトロの森では湿地の水かさも増して、今日はヒキガエル共が鳴いていました。

人目を憚らず組んず解れつのヌルヌル酒池肉林の様相。

あいつらキTガイ・・・

尚且つドスケベのままでいいなんて・・・ズルいっ!

 

0 コメント

2019年

3月

18日

ポジティブが過ぎる

期末テストの結果を見ながらY太が呟いたそうです。

「あー、オレはいつまでたっても上の下だなあ・・・」

あのう・・・その成績で上の下って、あんたやっぱりポジティブが過ぎると思うんですよ。

 

 

0 コメント

2019年

3月

17日

世界の仕組み

仕事がクソ忙しいのに風邪をこじらせたりして最悪だった3週間も、あと少しで抜けそうです。

休みなし外出なしで、こんだけ毎日忙しかったらフリーでも十分なんですがねえ・・・がねえ・・・突然暇になるから世界の仕組みってよく分かりません。

 

ピエール瀧とかNZテロとか世界には理解できない出来事が沢山あります。僕は意外とピュアなので、35歳ぐらいまでは「じっくり話せば必ず分かり合える」と信じていましたが、今では「いくら話し合っても理解できない人たちが少なからず存在する」と軌道修正しました。なぜだか話し合いのテーブルに着く事すら拒否されたりもする。

そういう場合は、理解する努力をやめる努力をする様にしています。とても辛いけど。

世界の仕組みは多様すぎる。

 

0 コメント

2019年

3月

16日

フレッシュなやつ

何でしょう?朝から酷い頭痛。

抗生物質一週間投与で急性副鼻腔炎もだいぶ良くなってきたと思っていたのですが、ブルフェン200じゃ効かないこの頭痛。そしてフレッシュでメローイエローなやつが「旦那!生きのいいの再入荷!」と、喉の奥からコニャニャチワしてくる感じ・・・

 

 

どうやらまだ悪い菌が残っている模様。

もう副鼻空とか全然いらないし。全部肉で埋めといてくれ!

 

0 コメント

2019年

3月

14日

中途半端なママチャリ

自転車を買いました。

存在が中途半端なブリヂストンのアルミフレームのギア付きママチャリ。

ママチャリ以上クロスバイク未満。そんな所。でもその半端さがいい。

僕はやっぱりママチャリが好きらしいので、ママチャリの範疇内でなんとかしたい。外見は普通っぽくてカゴもスタンドも欲しい。坂が多いのでやっぱ変速機も欲しいし、少しは遠乗りもしたい。そうなると、コレしかないんだよね。クロスバイクやロードバイクっていうのは、ふんわり本気感が漂ってしまうから周りにあれこれ気を使って面倒なんだよね。

ただ、これに乗り始めると部屋に鎮座しているロードバイクをどうしようかな・・・と。

 

2019年

3月

12日

仕事用万年筆の新調なるか?

10年以上ぶりに仕事用の万年筆を新調できるかもしれません。

かもしれません。というのは、まだメンテ中だからです。橋本がメンテ中という事は、つまりはビンテージって事ですよ。って事は新調じゃねえか・・・

とにかく。

僕が仕事用万年筆に求めるのは、国産である事。ペン先は極細である事。良くしなる事。インクの補充が容易である事。カーボンインクを使う為フローが良い傾向である事。といった所でしょうか。

万年筆とは不思議な物で、古ければ古いほどペン先がしなる様に作られている傾向があります。それというのも昔は万年筆の目指す所というのが「羽根ペン」だったから。ところが現代人はボールペンに慣れているので、しなりが少なく硬く作られているのだとか。あのしなりがいいのにねえ・・・

今使っているのは長年の使用で線幅が太くなってきちゃいましてね。ちょっとイメージとのギャップが出てきている上に、メンテ時に樹脂パーツを欠いちゃったりして、ま、それ以上にちょっと飽きたかな、と。ここらで心機一転行きたいものです。

 

2019年

3月

11日

呪詛

秋頃、庭のモッコウバラの枝にトカゲの死骸が刺さっておりました。

正確には、枝が刺さったでかいトカゲが庭に転がっていたのでした。

結構気味が悪い。

子供の悪戯か、誰かの嫌がらせか。

そう思っていた所、今日もまた発見。でも、今回はバラのちょっと奥まった場所にあって、悪戯にしてはおかしい。大体子供の悪戯にしては古臭い。どうもこれは人間の仕業じゃなさそうだ。

ということで調べてみたら、「モズのハヤニエ」

あの有名な!

そうか、これがハヤニエですか〜。

うちの周りは自然が豊かで鳥も沢山いるもんね。

でも実際、呪詛じゃなくてよかった・・・

 

2019年

3月

09日

毎年恒例

昨夜ゾクゾクして高熱が出ました。

朝起きると激しい頭痛と黄色いタンが・・・ああ、急性副鼻腔炎ね。

昨年は同じ時期に急性中耳炎で鼓膜切開しましたが、今年は副鼻空炎って事ですか。

どうにかならないかと思って風邪を引いたらイソジンでうがいをしたりしているのですが、どうがんばっても風邪の治りかけに耳とか鼻に菌が入っちゃう。30越えた辺りからです。こうなると抗生剤じゃないと治らないので、病院に行って薬飲んで寝ています。

締め切りが非常にヤバイんですが、それどころじゃなく頭が痛いので許してください。

 

2019年

3月

08日

人生はたった10日で変わる

という啓発本の様な事が身近な人の身に起こりました。

変わるべき時は一瞬です。

迷って分からなくて、もがいて頑張って、でもどうやっても無理で。といった様な事は全くない。あるべき物があるべき所にスッポリ収まる様に、何の抵抗もなく道が示される。進むのではなくて、示される。

 

道が示されると、バラバラに見えた今までの努力のベクトルが、一斉に同じ方向を向くので、それが大きな努力だった事がきちんと見えるのです。

こういう現象が起こるのを目にすると、臥薪嘗胆、石の上にも三年で、一つ一つを丁寧にやっていれば、きっとチャンスは巡って来ると信じるに値します。

 

しかしまあ、それによって僕の日常も変更を余儀なくされるので、今ちょっとナーバスになっているんだが。風邪もよくないし。

 

 

2019年

3月

06日

萌え絵

ご無沙汰しております。

風邪をひいて数日寝込んでおりました。皆様お変わりありませんでしょうか?

 

さて、グズついた鼻模様のまま、昨日は半年ぶりの打ち合わせに行ってまいりました。

最近打ち合わせがホントに減っております。ページ物でもだいたいメールと電話で終わっちゃう。もちろん、忙しい時に「打ち合わせに来い!」と呼び出されるのは甚だ面倒ですが、大概において家にこもりっきりのイラストレーターは、打ち合わせと称した「お散歩」が大好きですので、是非お呼び頂きたい。常日頃そう思っております。

 

それはそうと、打ち合わせは表参道でありました。

通りを行き交う金持ちそうな中国人に驚いたのもそうなんですが、それより何より、打ち合わせ場所のデザイン会社のお隣に、いつの間にか2つのギャラリーができており、その2つの展示の明暗に日本の今を見た気がして、尋常ならざる憂いを感じたわけですよ、ええ、43の橋本は!!

 

だってさ、片方はアート系の展示。僕には何だか良く分からないけど、でもオシャレでポップでトンガっちゃってるのは分かる。上から目線なのも分かる。なんせアートだから。それぐらい当然だろ。分かるとか分からないとか、いやおめえ、感じるだけだろ。で、案の定誰も人が入ってない。

 

お隣の展示・・・いわゆる萌え系イラスト・・・

これがもうすげえ人!

萌え絵の破壊力サイコー!

 

って、こんなもん部屋でコッソリ隠れて見るものだったはずの20年前はどこ行ったんだよ!?

オレの失われた20年を返せこのクールジャパンめ!

 

 

 

 

2019年

3月

01日

ラミーには気をつけろ!

万年筆が増えすぎて、なおかつ保管場所が適当だったのでペン同士が接触して傷が付いてしまいました。

よく見ると、プラチナの3776の樹脂軸に引っ掻き傷が付いている。

こんな傷どうやったら付くのかなあ?と他のペンを観察した所、犯人が分かりました。

ラミーのトライペン

こいつのクリップがゲルマン魂MAXでトンガっていて、指も切れそうな勢いです。

ドイツ人ってこういう所の妥協がないというかゆるさがないというか・・・

(以前ライカを分解した時も、軍艦部内部の普段人目につかない箇所も、指が切れそうな程の工作精度で作られていて仰天したのを覚えています)

 

まあ、ラミーはあのドイツ的直角がいいんだけどね。

一緒には遊ばせられない程のトンガリですわな。

 

2019年

2月

28日

パイロットカスタム845

高級国産万年筆のカスタム845ですが、恐れ多くも新品で我が家にやってきました。

845は18Kペン先、エボナイト軸に漆3回塗りという完全好事家向けの万年筆で、エボナイトとか漆塗りとか、一般人からしたらなんじゃそりゃ?のおバカ筆記具とも言えましょう。

しかしいくらおバカだからって、バカみたいに安くしたら僕みたいなおバカが速攻で買っちゃうでしょうが。

 

2019年

2月

27日

ランナー

昨日、自転車で走っていると、狭山湖の堤防上でとても綺麗なフォームのランナーに出会いました。結構なペースでランニングしていて、(僕の自転車の速度計で19㎞ぐらい出ていました)あれぐらいのペースでグイグイ走れたらさぞ気持ちいいだろうと思います。近くに合宿所があるので早稲田の駅伝選手かなあ?と思われます。あのペース・・・タフだなあ。

 

2019年

2月

26日

テンキー

確定申告。

終わりました。

毎年ため息...

 

ま、それはそれとして、今年も帳簿のパソコン作業を嫁に手伝ってもらいました。ノートパソコンでの作業なので「テンキーがあれば私もっと早いのよ」とおナマ言っていたので、今更テンキーを買ってみました。

とりあえず使わないので仕事のMacに繋げてみましたが、(Win用だけど使えた)やっぱ結構便利。僕の仕事机はペンタブレットも置いているのでキーボードはショートサイズ。本ブログでも変換が面倒で全角数字を使っちゃう事が多かったのですが、これなら素早く打てますね。

何よりフルサイズキーボードの端っこのエンターボタンをぶっ叩く快感を思い出しました。

 

 

2019年

2月

25日

手袋は難しい

自転車用にレザーグローブを買いました。

僕は手が小さくて親指が長いので、手袋選びはシビアになりがちです。ジャストフィットが好みなので、フィット感重視のサイズだと大概親指が突っ張って痛くなります。かといってサイズを上げるとブカブカだし。

学生時代に大型バイクに乗っていた時も親指の爪が痛くて、手袋ってこんなもんなのかな?と盲信していましたが、いえいえ、オレの親指が長かっただけ。それに気がついたのもここ5年ぐらいというね・・・

今回買ったグローブもサイズはレディースL。そしてやっぱり若干親指が突っ張るので、ワセリン塗って棒突っ込んでグイグイ伸ばしたり引っ張ったりして馴染ませています。

だから親指長めの手袋を見つけた時は即ゲットなのです。

 

 

2019年

2月

24日

ヤな事9割イイ事1割

愚痴を言ってくるY太や嫁にいつも言っているのですが、人生って何もしなけりゃこんな割合なんだから仕方がねえよ。お釈迦様だって人生は苦しみだと説いている。

この割合を変える為にヤな時にどうしたらいいかを真剣に考えるんじゃねえの?

 

僕の場合、ヤな事1割、イイ事1割、残りの8割はどちらでもない。

面白いのは、ヤな事が減ってもいい事が増えるわけじゃなくて、「どちらでもない」が増えるんだわ。

 

2019年

2月

24日

へきへきタイム!

続きを読む

2019年

2月

22日

京料理「橋本」

続きを読む

2019年

2月

20日

目覚め

森の中を歩いていると、妙な女の声が聞こえました。

近くに中学校があるので、女子中学生がふざけた声を出しているのかと思ったら、沼に蠢くものが。ヤマアカガエルが冬眠から覚めた瞬間でした。

いいもの見ちゃった。

 

2019年

2月

20日

AMラジオ

使っていないAMラジオをY太にあげました。結構ラジオが好きらしい。

中学時代は机に向かいながら三宅裕司のヤングパラダイスをよく聴いていました。その後のオールナイトニッポンは、いつも眠くて殆ど聴いた事がなかったな・・・

Y太にあげたソニーのラジオは昔実家から強奪してきたものなので、既に25年は経過しているものと思われますが、一向に壊れる気配がない所が流石日本製。そして80年代風の懐かしい外観をしているくせに、チューナーを回すと今現在の放送が聞こえてくるという一種の混乱状態に陥ります・・・

 

受験勉強といえばAMラジオ。枕詞の様に、うな重と肝吸いの様に、一対となった存在だと思われますが、皆様におかれましては如何だったでしょうか?

というわけで、今日のリクエストはユーミンのこの曲をどうぞ!

 

2019年

2月

18日

大切な貴方へ

あれから行ったり行かなかったりの尾崎の墓ですが、今日は暖かだったので足を伸ばして歩いて行きました。

僕の場合、墓前を通り過ぎるだけですが、土日に訪れたファンの方がいたんでしょう、お花が沢山供えられていました。その中の「大切な貴方へ」と献花に添えられたメッセージをチラと横目で見まして・・・

好き嫌いはあるでしょうけど、あれから30年近くも経っているのに、今でもこんなに大事に思ってくれる人がいるなんて、素敵だなあ。と。

もう勝ち続けなきゃならない世の中じゃなくなっちゃったけどさ。

 

 

2019年

2月

18日

信仰とは

僕は仏像関係が好きで、たまに道具屋などで見つけて買ってきます。

でも、信仰心からではなくて、信心深い雰囲気が好きだから。部屋にレイアウトして、ルミナラを灯してうっとりする。ま、そんなぐらいです。

そんな僕も神社や寺では手を合わせますが、信心というよりも、過去の膨大な人々の祈りの場所に対しての祈りといった意味合いが強い。宗教なんて歴史を見ると無数に出来たり無くなったりしているので、何を拝もうと結局は意味なんてないんじゃないか?と思います。だから僕は人々の祈りに祈る。でもこれは、結局拝む対象が何でもありの抽象的な存在である神道に近く、ごく日本人的な感覚なのかもしれません。

 

 

 

2019年

2月

17日

年甲斐

先日、ウォーキングコースのゴミ捨て場にコールマンツーバーナー(白ガス)が捨ててありました。旧型の小ぶりで枝豆色のやつ。おお、これは!と色めき立ったのですが、色々うるさくなかった若い頃ならともかく、「ゴミを持ち去る事は犯罪です」の昨今、いい歳したオジさんが注意されるのも嫌だったので、後ろ髪を引かれつつ前を向いて歩き続けました。

たまにふと思い出すのですが、あれは実に惜しかった。

 

2019年

2月

15日

だからグレイヘアにしろ!

俺、好きなんだけどなあ。似合うと思うんだけどなあ。

 

 

2019年

2月

14日

ここはどこ?

「あれ?オレ何やってんだろ?何がピーピー鳴ってるの?ここどこだ?」と寝ぼけて目が覚める事が最近数回ありました。5秒ぐらいすると思考回路がつながって「ああ、昼寝してたんだ」とか「目覚まし時計の音か・・・」とか分かるのですが、こんな事今までほとんどなかったので、なんだろう?老化か?・・・

先日「Y太のお父さんってかっこいいよね。オシャレだし。」とクラスの女子が言ってたとの報告を受けました。ありがとうございます!なかなか趣味のいい中学女子もいるものですな。今日のバレンタインデーはそのお言葉で乗り切ろうと思っています。

 

 

2019年

2月

12日

虫が当たる

今日は仕事を終えてからママチャリで立川まで行ってきました。所沢からは山一つ越えて行くので少々大変ですが、最近はどうでもいい様な自分の遊びのために油燃やして車で行くなんてバカバカしい気がします。

 

それはそうと、今日はちっちゃな羽虫が何匹も服に当たりました。

寒い寒いと思っていましたが、春が近づいているんですね。

 

 

2019年

2月

11日

許されぬ悩み

若者というのはいつの時代も同じような事で悩んでいる。

でも、最近の人たちを見ていると、悩む=病気っていうリアルな扱いに直結されがちで、悩むことが社会的に許されないのかなあ?とも感じます。

かく言う僕も今まで随分グズグズと悩んできましたが、年を重ねるとだんだん悩みがなくなってくるから不思議です。きっとこれが老化という現象です。つまり意識が内側に向い、孤独と共に悩むことができるというのは若さの特権なのですよ。

どうせ歳をとると周りがどうでもよくなって意識が拡散していくので、あんたら若いうちから拡散してる場合じゃないと思うんだけどね。

 

2019年

2月

09日

雪の湖

小雪のちらつく中、レインウェアを着て今日も散歩に出かけました。

どういうわけか、今日に限ってすれ違った数人に挨拶される。

 

今日は雪で白く霞んだ湖がとても綺麗でした。

堤防の上には僕だけ。寺も神社も尾崎の墓にも誰もいなくて僕一人だけ。途中の森の中で立ち止まると、雪の降るかさかさとした乾いた音が聞こえる。ちょっと寂しいけど、でもこういう寂しさって悪くない。

そうか、雪の日はちょっと寂しいからみんな挨拶してくれるんだ。

 

2019年

2月

08日

ところざわサクラタウン

何もねえヒガトコに角川の本社が移転してくるらしいよ。とはだいぶ前に聞いていましたが、調べたら「ところざわサクラタウン」とかいう複合施設が建設中なんですね。全然知りませんでした。これが今の時代にフィットするかどうか僕には全然分かりませんが、でもちょっと面白そうです。

一つ気になったのが、こういう巨大な文化施設ができる予定だったのに、ご近所だった日芸所沢校舎がこのタイミングで閉校してしまったという事。学生にとってはいい刺激になったかもしれないのにね。日芸=アニメみたいな極端な感じにしちゃえば結構学生も集まったかもしれないのに。

恩師である学部長のK先生、ここら辺どう思ってたのよ!?

 

2019年

2月

07日

ウィンドウズ10

続きを読む

2019年

2月

05日

巡礼ウォーク

瞑想ウォーク。そうとばかり思って歩いていましたが、昨日訪れた尾崎豊の墓をコースに組み込んでみた結果(結局入れてみた)、いつもの散歩が途端に巡礼じみた様相を呈して参りました。

 

 彼の墓石に刻まれた「生きること。それは日々を告白していくことだろう」という言葉を実際に目にすると、どうしたって「生と死」を感じずにはいられません。そしてその言葉は、僕がいつも歩いていた場所に点在している寺社での祈りや、自然の風景をただひとつに繋ぎとめてしまった様な気がします。それと10代の頃の僕も。点と点だった無意味な場所全てに電流が流れ、自分の過去と現在が繋がってぐるぐると回り始めてしまった様な・・・

イザナギやオルフェウスの様に過去を求め冥府へと下り、過去に追われ再び現世へと戻ってくる生と死の巡礼ウォーク。いや、こりゃもうお遍路か。

 

2019年

2月

05日

たぬきがこけた

気に入っていたビンテージのメカニカルペンシルを失くしました。

つい数日前まであったはずなんだけど・・・

一日かけてあちこち探してもない。

ま、そのうち出てくるだろう。と思って、でも諦めきれずにネットで「失せ物」を検索したりしていた所、「たぬきがこけた」と唱えながら探すと8割出てくる。という情報を入手しました。

ほんまかいな?と冗談半分に始めたのですが、本当に5分以内に見つかって、見つけた時は気味が悪くて「ぎょえ〜!!」と驚愕致しました。

「たぬきがこけた」マジですげえ・・・

 

この調子で失くした青春も見つからないかなあ。と言った所、「尾崎見つけたじゃん♡」と嫁に揶揄されまして、まあ、それはそれである種見つけたのかもしれんけど・・・

お次は「たぬきはこけた」で失くした愛も見つけたいもんですわ。

 

 

2019年

2月

04日

橋本豊が尾崎豊の墓に行ってみた

続きを読む

2019年

2月

02日

イヤホン

概ね何かを聴きながら仕事をやっているのですが、最近イヤホンで聴き始めました。

でも、僕が使っているのは高校入学の時に買ったCDウォークマン付属のやつで、かれこれ30年近く経っているやつです。本体はとっくの昔に壊れ、イヤホンもいくつか持っていたのも全て壊れ、今でも生き残っているのがソニーのこいつだけ。

Y太が使っている様な最近のものは、柔らかいタコの吸盤みたいなゴムで耳の穴にフィットさせるのが主流みたいですが、僕のはトラディショナルなスポンジタイプ。たまに千切れたりして面倒くさいので、今度あたらしいイヤホンを買ってこようと思います。

でもきっとこいつが最後まで生き残る予感プンプン。

 

2019年

1月

31日

財布をケツポケ

30を越えたあたりで、お財布をお尻のポケットに入れるのが嫌になりました。あれ、ひん曲がって汚らしいんだよね。

良質な革のお財布は、きちんとバッグに入れて丁寧に扱うと長持ちするし、いいエイジングをしてくれます。でも若い時のケツポケの汚らしさが美徳なのも分かる。

 

2019年

1月

30日

ゴリゴリ弁当

嫁が風邪でダウンしたので、今朝は僕が子供達に朝ご飯を用意して、カンボの弁当も作ってやりました。

嫁のふわふわ弁当じゃなくて、男のゴリゴリ弁当。

ゴリ弁は黒くて硬くてデカイ。

いや、そっち方面じゃなくて、ギューギューに詰めたご飯をのり弁にして、大きな鳥天を乗っけてやる。

たまに僕がご飯を作ったりすると、子供達に結構人気があります。肉多め&ちょっと多めの油とちょっと濃いめの味付けがポイント。まあでも、毎日作ってくれるお母さんの方が偉いよね。俺はたまにだもん。そこは勘違いしちゃいかん。

 

2019年

1月

29日

瞑想ウォーク

瞑想の何たるかは全く分からない橋本ですが、最近自然の中を歩いていると、「ひょとしてこれ瞑想状態じゃね?」という瞬間がフワフワッとあります。

 

以前「今ここに意識を集中する練習」という禅系の本の挿画を担当した事があるのですが、この本の中で一番印象に残っているのが、「目の前のものを何かに例えるな」という章でした。

これ、オタク気質なクリエイターが陥る罠でして、自分的には目から鱗の教えでした。

 

いつも見ている狭山湖の美しい夕日。まるでハワイで見た夕焼けのようだ・・・だと、現在目の前にある夕日が過去の投影でしかなくなってしまうわけです。本当はその夕日は「今ここにしかない」ものであり、決して何かに例える事なく、ただそれを感じる。それこそが今を生きている証なのではないだろうか?という事なんですね。

で、森の中であったり、神社であったり、湖であったり、最近は歩いていると、どうやら各所でそれができているらしいんですよ。

 

歩く一定のリズム。鳥の跳躍。網の目の枝。微かな葉擦れの音。光。空気の清浄さ。自然と人々の営みのコントラスト。美しいと感じる。不思議だと感じる。自分と世界。ただそれのみ。そうなってくると、瞬間フワッとどこかに入り込む点があるんですね。

これが瞑想かなあ?と。

 

瞑想ウォーク。やってみる?

 

 

0 コメント

2019年

1月

28日

FIRE HD8

もらいました。タブレット。

ばあちゃんがクロスワードパズルの景品で当てたんだと!

折角なので嫁のものという事にして、家族で使う事にしました。タブレットって初めてなんですけど、なんだか凄いというか、初心者なので色々怖いです・・・

Y太はゲームができるから喜んでいるみたい。でも一日30分!そしてLINEはできない機種らしいので丁度よかったかも。監視を厳しくしないと。

 

昨日床屋で襟足を短くされたので寒くてなかなか眠れなかった。

 

2019年

1月

27日

床屋

橋本家親子三代に渡って髪を切ってもらっていた、実家の斜向かいにある床屋のご主人が先日亡くなられ、お通夜に参列して参りました。

「俺も40を越えたし、男はやっぱり床屋だよな。久しぶりに行ってみるか。」と思っていた矢先の事だったので、とても残念でした。

昔は子供が沢山いて、向かいの床屋も日曜日となると子供達が並んでいたのを思い出します。昭和のいい時代でした。

 

そんな訳で、床屋ジプシーのY太と共に、近所の床屋に飛び込みで行ってみる事に。

そこはY太が通っている塾の真横にあり、外観からして昔ながらの理髪店。意を決して入ってみると、MG5が並びムード歌謡が流れるザ・昭和な床屋でありました。

人の良さそうな年配のご主人が「どうしますか?」というので、まずはY太がさっぱり目に切ってもらい、ついでなので僕も久々に床屋でカットをしてもらいました。

毛足の長いブラシで襟を払ってもらったり、前かがみの洗髪。顔そり。ヘアトニックの香り。全てが懐かしく、美容院では味わえないさっぱりとした気分になりました。

 

途中、ムード歌謡のCDをストップしたと思ったら(もっと聴きたかったのに・・・)大相撲のラジオ放送にチューン。ここら辺も抜かりなく昭和でございました。

 

カット中に「いやあ、旦那の髪質はいいですよ」とか「旦那は外国の人の血が入っているんじゃないですか?」なんて言われまして、旦那なんて言われていい気分。いいなあ、こういうの。

やっぱり床屋はいいですね。

 

 

2019年

1月

25日

銃デザイナー

世の中には色々な物をデザインする人います。こっち関係はよく知りませんが、きっと銃にも専門のデザイナーがいるんじゃないか?と思います。

そんでうちのカンボの話ですが、兄貴の「世界の名銃100」みたいな厨二本をこっそり読んでいるので、工作で作るライフルがマジでカッコよく、幼稚園児レヴェルじゃありません。

ちゃんとスコープも付いているし、ボルトアクションのレバーも、ペットボトルの蓋のトリガーも付いている。何と言っても全体のバランスが良くて、漢の本気がビンビン伝わってきます。こういうバランスのいいモノを作っちゃうのはセンスだよな〜と思います。

でも、いくつも作るから邪魔に思われて、銃が嫌いな嫁にこっそり捨てられています。その度に新しくグレードアップしたライフルを幼稚園で作ってくるカンボの執念。それもすごい。

こんだけカッコいい銃だったら園で取り合いにならないだろうか・・・

 

2019年

1月

23日

酒が飲めるから

幼稚園の劇の会「桃太郎」にて、カンボが鬼の子分役を演じるそうです。

「どうして鬼なの?」と聞いたところ・・・

「酒が飲めるから!」

という見上げた返答で、さすが益荒男だと感心いたしました。

酒を浴びるほど飲み、仲間と殴り合いの喧嘩。夜は村から奪ってきた女を相手が死ぬまで犯す。

鬼の何たるかを知っておる。

 

2019年

1月

21日

橋本登

これ小さい頃からずっとなんですが、僕は自分の名前があんまり好きじゃありません。どういうわけか「ゆたか」と呼ばれると誰か他人の様な感じがします。

最近は自分がヒゲのオッサンになってきたからというのもあるのですが、ますます名前に違和感があります。嫁に言った所、「確かに豊って柄じゃないよね・・・」との事。

 

昔、命名の時に「豊」か「登」かで迷った。と父に言われた事があったのですが、「登」の方が断然しっくり来ます。

 

橋本登

 

うん。ヒョロッとしているけど芯が強そうだ。なんかいい。

俺、本当は登なんじゃないかなあ?

 

 

2019年

1月

20日

再び羽毛布団の偏りを自分で直してみた

続きを読む

古い日記(2005.8〜2011.11)