2017年

1月

23日

待ち伏せ

地域の新年会で、狩猟を趣味にされている方とお話ししました。

狩りの新人に「あそこら辺に隠れていろ。」と命じると、大概、木の影や岩の後ろに身を隠してしまう。これでは絶対に獲物は撃てないんだそうです。

この場合、対象物の真ん前に陣取る。つまり、木の前にデンと座り込んで動かずにジッと待ち、その時が来たら獲物を撃ち殺す。

四つ脚動物動物はモノクロの世界なので、こちらが動かない限り気がつかないんだそうです。

 

でも、猟銃は金もかかるし手続きが面倒なので、その方は罠専門という事です。

獲物を罠にかけ、頸動脈を切って出血死させるのが一番良いと。

「人間にもできますか?」と聞いたところ、

「うん、躊躇なくできるね。」という事で、怖い怖い。