2016年

12月

03日

オーラ

ヨータの塾の面談に行ってきました。

先生は評判通りとてもいい方でした。

何がいいのかというと、子供の個性をきちんと見て、感じて、把握して、判断している所。そしてそれらをきちんと系統化して言語化できている。

沢山の経験と優れた洞察を持った方だと思いました。(教職の経験もあるとか)

 

先生が会話の中で仰っていた事。

「オーラがある子っていうのは、だいたい学校の成績もいいんですよ。」

 

オーラ?

そうか、子供にもオーラがあるんだ。

当たり前だけど、そんなの考えた事もありませんでした。

でも、思い出してみると、学生時代も確かにクラスでピカッと光っている子は、先生にも気に入られて、クラスメイトにも人気があったな。

人気があるから光っていたんじゃなくて、光っていたから人気があったんだな。

 

面白い先生で、論理性に重きを置きながらも、オーラだとか、運だとかにもきちんと配慮の領域を残していて、子供たちと触れ合う時に、その部分からの視点も忘れないでいる様な印象を受けました。つまり、お勉強よりもまずその子の人間性を見ているという事でしょう。

 

ヨータが通っている造形教室の先生もそうですが、優れた指導者というのは、対等で鋭い洞察力をお持ちですね。恐れ入りました。